社長メッセージ

企業を愛し、企業とともに歩み、企業繁栄に奉仕する

タナベ経営の「経営理念」はこの言葉から始まります。 私たちの企業活動はこの中に凝縮されています。
「多くの会社を救い、繁栄に役立つことができれば、社会も豊かになる」。この強い意志から生まれた使命感を胸にコンサルティングを半世紀以上続けてきました。1957年の創業以来、今日までその役割を果たしてきたと自負しています。
そして未来もこの理念をまっすぐに追求できる会社でありたい、と誓っています。

代表取締役社長 若松 孝彦

100年先も一番に選ばれる戦略パートナー

「企業繁栄に奉仕する私たちの事業領域(ドメイン)」として、ビジネスドクターの経営コンサルティング、SP(セールスプロモーション)コンサルティング、人材開発コンサルティング、WEBプロモーションコンサルティング、M&Aアライアンスコンサルティング、成長ドメインや戦略を研究し発信する戦略総合研究所など、幅広いコンサルティング事業を構築しています。 これからも「Tanabe is One」のチームコンサルティング力を強みとして、高度な専門性を総合的に発揮できる戦略パートナー組織を目指し、新たなコンサルティングモデルを創造して、企業繁栄に貢献し続けていきます。 当社は「コンサルティングサービス」において「ファーストコールカンパニー-100年先も一番に選ばれる会社」でありたいのです。 そして、その起点が「人材」なのです。

でる杭を伸ばす会社

タナベ経営は人でできている会社―これがトップとしての私の口癖の一つです。 新たなチームなくして、新たなビジネスモデルなし。 一人ひとり、チームの変化と成長なくして、会社の変化と成長もなし。 コンサルタントを育成する日本で唯一のビジネススクールを目指して「タナベFCCアカデミー」も開校しています。 私たちは、より多くの人材に多くの仕事を任せて出る杭を伸ばし、コンサルタントの変化と成長を通じて、社会やチームにとって無くてはならない存在価値の高い「プロフェッショナル人材」を多く育てることを目指しています。

すべては多角的な視点から

あなたもタナベ経営で一流コンサルタントを目指してみませんか?