社長メッセージ

タナベ経営の強み、チームコンサルティング タナベ経営の強み、チームコンサルティング

タナベ経営の強みは、半世紀以上の歴史で培ってきた6,000社以上のコンサルティング実績、数多くの臨床事例を持っているということです。
あらゆるドメイン(事業領域の戦略)や経営テーマに対応できるノウハウが蓄積されており、しかも、全国の上場企業も含めた中堅企業を中心に、企業規模に適応したコンサルティング・メソッドを提供しています。
また、財産であるコンサルタント人材を育成する「教育システム―タナベFCCアカデミー」等が整備されていることも重要な強みです。専門分野の研修カリキュラム、コンサルタントのメソッドを磨く研修会、戦略ドメイン&マネジメント研究会等のチームや、チームコンサルティングに参加することで経験値が更に深まります。
経営戦略や経営システムに関するチームコンサルティング実績を社内外における「実証済みの原理・原則」として提供し、「ファーストコールカンパニー(100年先も一番に選ばれる会社)」を共に創造してきたこと。その実績こそがタナベ経営の他社にない強みなのです。

代表取締役社長 若松 孝彦

コンサルティングのやりがい 高い使命感と達成感

多くの社員やその家族を支える「企業」という組織の戦略や経営に関わり、コンサルティングをするわけですから、社会性の高い仕事なのです。
したがって、コンサルティングという仕事は、トップの考え方や、現場の仕事のあり方を変え、結果、クライアント企業の利益を創造していかなければなりません。
会社利益は社員を潤し、ステークホルダーを幸せにし、ひいては社会に貢献することになるのです。
コンサルタントは裏方ではありますが、タナベ経営は「コンサルティングとは社会をよくする仕事」でもあると自覚しています。だからこそ、より高い使命感を持ってあたらなければ務まらない仕事なのです。

そのためにコンサルタントは、多くのことを経験し、学習し、自己を高めていくことが不可欠となります。
例えば、「論理的に考える力」「戦略を実行する力」。そこへ至るには「課題を発見する力」「課題を分析する力」。さらにはそれらを会社に提言し、説得し、現場を動かしていく「コミュニケーション能力」などが欠かせません。いわば「やりがい」や「達成感」の大きさは、自己研鑽次第、ということなのです。

目指しているコンサルティングの姿 ファーストコールカンパニーの創造 目指しているコンサルティングの姿 ファーストコールカンパニーの創造

タナベ経営ではコンサルタントの仕事を「判断を売る仕事」と定義しています。
トップと話し、データを分析し課題を見つけるのも、すべて合理的かつ正しい「判断」をするためのプロセスなのです。当然「判断」には責任が伴います。間違った判断をしないためにタナベ経営独自のコンサルティングノウハウの蓄積があり、先輩・上司の経験があり、チームがあります。その向かうところに提唱している「ファーストコールカンパニー宣言」があります。これこそタナベ経営の目指す目標であり、全てのコンサルタントが目指すべきものです。

一人ですべてのことをやりきることはできません。チームで動き、その中で自分の強みや個性を強化していく。自己実現を目指す人にとって、コンサルタントは実に面白い仕事です。このような「コンサルタントに挑戦したい!」と思っているあなたのエントリーをお待ちしています。

キャリア採用エントリー

コンサルティングの質を今以上に引き上げていくため、
積極的な採用を行い、幅広く優秀な人材を求めます。