渡辺小百合の写真

入社の決め手は「仕事内容の幅広さ」と「人」 

マーケティングコンサルティング本部
デザインプロモーション本部 主任

渡辺 小百合

入社の決め手は「仕事内容の幅広さ」と「人」 

学生時代の経験と入社の決め手について教えてください。

大学ではプレゼンテーションの勉強をし、アルバイトは塾講師と関西のラジオ局の学生サポーターをしておりました。
入社の決め手は「仕事内容の幅広さ」と「人」です。幅広い仕事内容に興味を持ち、やってみたい仕事が多くあったことと、選考のタイミングで関わる「人」を見て、この方々と一緒にお仕事をしたいと思うようになり、ご縁があり入社しました。

渡辺小百合の写真

クライアントの力になれるように

入社してからこれまでのキャリアと今はどんなことに力を入れていますか?

入社してからは業界業種問わず、クライアントの販売促進に関わるオリジナルグッズの企画・製作をしております。
今はクライアントの課題解決の力になれるように、コミュニケーションを多く取り、クライアントのイメージに合うグッズやデザインの提案をしております。

自身のアイデアが世の中に出る仕事

仕事の面白い部分、難しい部分を教えてください。

面白い部分は自分が考えたデザインやアイデアが採用され、世の中に出ていくことです。
クライアントやエンドユーザーに喜んで頂き、ほんの少しでもクライアントの力になれたと感じた時はとても嬉しいです。
難しい部分はプレゼンテーションでのコンペでご協力できないこともあり、悔しさを感じることです。
ですが、そのような経験も次に活かしていきます。

主な1日のスケジュールを教えてください。

営業先への訪問や企画書作成

週に2~3日は自宅からクライアント先に直行し、1日中外出していることが多いです。
外出先から戻り、社内での業務を行う時は残業する日もあります。
オフィスへ出社する時は、パートナーの工場の方と直接打ち合わせをしたり、メンバーとデザインの打ち合わせをしたり、クライアントの提案に向けて、提案物の準備や企画書の作成を行っております。

大変だった仕事は何ですか?どのように乗り越えましたか?

あきらめずに提案した先に

新規のクライアントへのご提案で、コンペの結果がなかなか振るわないことが続いたときです。
その都度要因を確認し、改善策を立て、次の提案に活かすということを繰り返し、ついにクライアントの販売促進に関わることができました。
結果が振るわない時はかなり悔しかったですが、良い結果が出るための準備期間だと思い、諦めずに取り組むことは大事だと思っています。

課題解決するスキル

入社して身についたスキルは何ですか?

クライアントの要望を理解し、課題解決するスキルです。
上司と提案の同行をする機会が多くあり、立居振舞を学んだり、自分自身で商品や業界知識を勉強しています。多くの経験を積んでいくことで、クライアントの要望に応えられるよう日々努力しています。

クライアントの課題を解決するスキルとご支援がしたいというマインド

活躍しているコンサルタントはどんなスキルとマインドがあると思いますか?

様々な分野で活躍しているコンサルタントがいますが、クライアントのご支援がしたいというマインドがある人で、クライアントの要望を理解し、その解決するスキルを磨いている人が活躍していると思います。

メリハリをつける

仕事とプライベートをどのように工夫して両立していますか?

残業する日と早く帰る日を作り、自分の中でメリハリをつけています。
提案するタイミングが重なると、提案準備で遅くまで残る日もありますし、早めに帰宅する日もあります。
自分自身でスケジュールは決められるので、バランスを考えてスケジューリングしています。

新しい知識や世の中の流れを感じて仕事をしていきたい人

どんな人材に入社してほしいですか?

業界業種問わず様々なクライアントのご支援をできることがタナベ経営の良いところだと思います。
どんどん新しい知識や世の中の流れを感じて仕事をしていきたい方に入社してほしいです。