竹綱一浩写真

プロモーション分野でのプロフェッショナルへ

執行役員
マーケティングコンサルティング本部
デザインプロモーション本部
“刺さる”プロモーション研究会

竹綱 一浩

現在はマネジメントに注力

入社してからこれまでのキャリアと今はどんなことに力を入れていますか?

入社後5年間はノベルティ、手帳等を中心にクライアントの課題解決を実施してきました。
6年目以降は、WEBサイト制作やWEB広告運用、CM製作など、提供できるPM領域も広がってきました。直近では、マネジメントとして目標達成に向けた取り組みにも力を入れています。

竹綱一浩写真

自由に考え行動していくことができる

入社前に不安に思っていたが、入社して解消できたことは何ですか?また、それはどの様に解消されましたか?

入社前はどのようなクライアントと仕事をするのか、どの程度の業務量なのかなど不安も多かったですが、クライアントに関しても、業務量に関しても個人の裁量に任せられる部分も多いので自由に考え行動していくことができ、不安も解消されていきました。

諦めずに挑戦し続けることの大切さ

仕事で失敗し、学んだこと、成功したことについて教えてください。

新規のクライアントに対して、課題をヒアリングし、何度も自分が提供できることを粘り強く提案をし続けたことがありました。
その過程では、クライアントから提案のダメ出しいただくことや、先輩メンバー、上司の同行など周りのメンバーを巻き込み行動したこともあり、結果として信頼いただくことができ、別案件を紹介していただき、大型の取引に繋がりました。この経験で、諦めずに挑戦し続けることの大切さを学びました。

日常生活の中で自分が携わったプロモーションを目にすることも

やりがいを感じるのはどんなときですか?

一番はクライアントに喜んでいただけた瞬間です。『イメージ以上のものを製作することが出来た!過去最高の反響でした!』などパートナーとして一緒になって成功に向かって取り組み、結果としてクライアントに満足いただけたときは本当にやりがいを感じます。
また、日常生活の中で自分が携わったプロモーションを目にするタイミングがあり、消費者の反応を感じることができるのもこの仕事の良いところだと思います。

プロモーション分野でのプロフェッショナルへ

これから挑戦してみたい仕事と今後どんなキャリアを築いていきたいですか?

今後はプロモーション分野でのプロフェッショナルとして、自分自身も成長しPM戦略から実行推進までお手伝いできるようになっていければと思います。また、マネジメントスキルを向上させ、チームのメンバーの育成やチームで目標達成に向けた役割を大きくしていければと考えています。

知識が増え、提案できる幅も増えていくことによって、クライアントに提供できる付加価値が大きくなる

成長を実感したエピソードを教えてください。

会社の事業領域の広がりにつれ、プロモーションの知識が増え、提案できる幅も増えていきました。このことはクライアントに提供できる付加価値が大きくなっていると感じることができ、成長を実感します。
今後もマーケティングコンサルティングの提供領域を広げていくことで、付加価値を上げてきたいと思います。