武政大貴写真

財務・経営管理から見える化の専門家へ

経営コンサルティング本部
ファンクションコンサルティング本部 本部長代理
経営の見える化研究会

武政 大貴

机上の空論と泥臭い経営現場、そのギャップを痛烈に感じて

入社前の経験と入社の決め手について教えてください。

大学卒業後、財務省で7年半、金融機関の監督業務や法人企業統計の集計業務などを担当していました。その後、結婚を機に義父の営む卸売業の経営に関わりました。金融機関を通じて借り手企業の経営を間接的に見ていた自分が、実際に中小企業の商売に携わってみて相互のギャップを感じました。役所は机上の空論を言っている、実際の現場は泥臭い、間に入る金融機関の立場もあります。いずれの考えも分かる経験を持っていることは非常に武器になると考えコンサルタントを志しました。

武政大貴写真

財務・経営管理から見える化の専門家へ

入社してからこれまでのキャリアと今はどんなことに力を入れているかを教えてください。

入社後数年は前職の経験もあり、財務チームに所属し企業再建などに尽力しました。健全な危機感を共有しながらも実行できず、腐心して立てた計画が達成できないもどかしさを感じました。そこで出会ったのが自律型組織の構築を目指す見える化手法です。問題を可視化して課題立案、全員参加での実行を促す取り組みを現在も日々の支援の中で研究しています。更に現在ではIT活用やSDGs実装支援など世の中の潮流にあわせたコンサルティングメソッドを開発し実行力強化の専門家を目指して奮闘中です。

会社ではレアキャラとなっている

主な1日のスケジュールを教えてください。

直行直帰が基本スタイルです。東京エリアを中心に、ほぼ毎日担当しているクライアントのコンサルティングもしくは研修を行っています。
テーマによっては全国へ応援で週1~2回出張もあります。資料作成やチームマネジメントは早朝、移動中や夕方以降のスキマ時間を効果的に使って実施しています。喜ばしいことに年間2~3本ほど全社プロジェクトに参画しており、各種打ち合せはテレビ会議などを活用して行っています。結果的に会社には戻らず、良い意味でレアキャラとなっています。

強烈な対人関係力と問題解決力

入社して身についたスキルは何ですか?

入社して約10年、様々なテーマ及び業種を経験し多くの事例を有することが出来ました。コンサルタントは経験科学であり、今後も現場で実証した経験を多く積むことで提供価値を高めていきたいと考えています。そんな中でも特に、対人関係力は苦手ではなかったのですが更に磨きがかかりました。提案・提言内容をしっかりと受け入れてもらうために日々苦労する中で身に着いたものであり、その内容自体も的確な問題認識・課題設定が必要であり問題解決力が高められてきたと思います。

想いを強く持っていれば、活躍のフィールドは果てしなくある

どんな後輩に入社してほしいですか?

タナベ経営はメンバー誰もが例えるように動物園のような会社です。個性が多岐にわたり、かつ自発的に各人が行動します。
画一化していないことが強みであります。自由に意見を交わしながらも、目的は「クライアントのために」というところで一致しています。企業を持続的に成長させたいという強い想いを持って入社してほしいです。また、常に3年後、5年後の自身のキャリアビジョンを持ってバックキャストで思考しながら挑戦する意欲を持った人材が望ましいです。

社内研修と現場研修のマッチング

どんな研修(教育)やフォローがあり、どのように活用していますか?

この業界も、先輩の背中を見て覚えろという時代は終わったと思います。社内アカデミーによる研修や動画とTCB(タナベコンサルティングブランド)を中心としたメソッドが、体系化されています。当然社内でのインプットだけではなく現地現場でのインプットが重要です。アサインされた案件ごとに上司・先輩のアドバイスから学びます。また自分より後輩であっても他の専門性を有していれば、後輩からも学びます。
貪欲に学ぶ意欲があれば大いに成長の機会があります。常にアンテナを張って自己成長に挑戦することが重要です。