岡原安博の写真

中堅・中小企業の力になれる、自分のやりたいことが叶えられる場所

経営コンサルティング本部
HRコンサルティング本部 部⾧代理
人事研究会

岡原 安博

中堅・中小企業の力になれる、自分のやりたいことが叶えられる場所

入社前の経験と入社の決め手について教えてください。

入社前は小売業(高級ブランドショップ)、人事コンサルティング会社、企業研修会社を経験しました。タナベ経営の入社以前に中小企業のコンサルティングや中小企業診断士の勉強等を通して、中堅・中小企業の経営のお手伝いがしたいという思いを持つようになり、転職活動ではそれを実現できる会社を探していました。いくつかコンサルティング会社の面接を受けましたが、タナベ経営はまさに中堅・中小企業に向けて広く経営全般のコンサルティングをしており、自身のこれまでの経験を活かし、幅を広げていけると思い、入社を決めました。

岡原安博の写真

これまで培ってきた知識・経験をフル動員してコンサルティングに従事

入社してからこれまでのキャリアと今はどんなことに力を入れていますか?

入社後はこれまでの経験を活かし、主に人事制度設計や教育を担当しました。中堅・中小企業は、年功型の人事制度から脱却することができていない企業も多く、今でも多くの企業から制度再構築のご要望をいただいています。現在はチーフとして人事制度設計を担当しながら、マネジメント体制の整備や中期経営計画策定といったテーマのコンサルティングにも参画しています。

専門領域を持ちながらも経営全般が分かるコンサルタントになりたい

これから挑戦してみたい仕事と今後どんなキャリアを築いていきたいですか?

これから挑戦してみたい仕事は組織・人事テーマ以外のコンサルティングです。具体的には事業戦略の構築ができるようになりたいと思っています。タナベ経営では経営者と直接話す機会が多く、コンサルティングの相手が経営者であることもよくあります。そのため、広く経営全般の話ができることが求められます。タナベ経営のコンサルタントは経営コンサルタントと名乗っている以上、専門領域に留まることなく、広く経営全般の支援ができるようになっていきたいです。

仕事を効率的に進め、お客様と接点を持つ時間をどれだけ確保できるか

主な1ヵ月のスケジュールを教えてください。

1ヵ月の時間配分としては、現在はコンサルティングが9割、営業が1割くらいの配分です。コンサルティングにかける時間の内、約7割はコンサルティング先への訪問です。タナベ経営のコンサルタントは全員漏れなく、営業とコンサルティングの2つを担っています。コンサルタントによって多少比重の違いはあるものの、いずれにおいても成果を求められるため、この2つのバランスを取りながらコンサルタントとして価値発揮していくことが重要です。資料作成の時間をいかに効率的に進め、お客様と接点を持つ時間をどれだけ確保できるかがポイントだと感じています。

「あなたでお願いします」、この言葉が原動力に

やりがいを感じるのはどんなときですか?

やりがいを感じる時はお客様から「岡原さんでお願いします」と言われた時です。まさにコンサルタント冥利に尽きる瞬間です。コンサルタントとして信頼されたからこそ出てくる言葉だと思います。また、仕事を継続受注いただけた時も同様です。自身のコンサルティングスキルとアウトプットがダイレクトに評価されるのはこの仕事の醍醐味だと思います。

なんとかしようともがき続けることが成長につながる

入社して身についたスキルは何ですか?

入社して身についたスキルは、「なんとかする力」です。タナベ経営では、多様な業種・業界のコンサルティングを経験します。また、経営者の方と直接話したり、プレゼンテーションしたりする機会も日常茶飯事です。当然ながら分からないことも多いです。少し根性論的な考え方かもしれませんが、どんな場面でも逃げることなくなんとかしようともがくことが自身の成長につながると感じています。タナベ経営には自分には持っていない経験やスキルを持っている上司や先輩も多く、力を借りながら、一つ一つ吸収していくことでレベルアップしていけます。

「All for Our Clients すべてはクライアントのために」と自己研鑽

活躍しているコンサルタントはどんなスキルとマインドがあると思いますか?

活躍しているコンサルタントに共通していることは、①「All for Our Clients すべてはクライアントのために」の視点を持っている、②常に自己研鑽し確実にアウトプットしている、と感じています。この2点を持っているコンサルタントは社内からもお客様からも信頼されています。

多様なバックボーンを持つ人材が多数在籍

職場の雰囲気(どんな先輩・後輩や同僚がいるか等)を教えてください。

タナベ経営は若手からベテランまで、新卒もキャリアもバランスよく在籍しています。経験豊富でプロ意識が高い諸先輩方や入社数年目にも関わらず臆せず経営者と対峙する新卒など、キャリア入社の社員も刺激を受けることがとても多いです。キャリア入社の社員も様々な業種・業界・職種の経験者が在籍している点も面白いと思います。

主体的に行動し、活躍する場を自ら作り出す

どんな人材に入社してほしいですか?

一言で言えば、主体的に行動できる人です。何かしらの専門性を持って入社することが望ましいと思いますが、その専門性がうまくアジャストできないこともあります。その時に、受け身にならずに自ら目標を立て軌道修正し、自己研鑽してアウトプットしていくことが求められていると感じています。このように高い意欲を持ち、主体的に行動できる人材であれば、タナベ経営で活躍する場は自ら作っていけます。