中須悟写真

最も重要なのは企業を成長させたいという使命感

経営コンサルティング本部
九州本部 副本部長
ホールディング経営研究会

中須 悟

理念とカルチャーに惹かれ入社を決意

入社前の経験と入社の決め手について教えてください。

前職は東京の会計事務所に勤務し、中小企業を対象に財務・税務及び事業承継の指導・アドバイスを主体業務としていました。ただ会計事務所という立場から経営者に対しコンサルティングをするのには限界を感じ、コンサルティングファームへの転職を決意しました。タナベ経営にご縁があり、その経営理念や個人の主体性を尊重するカルチャーに魅力を感じ、入社を決意しました。

中須悟写真

2冊の本の出版を通じ、活動領域は全国へ広がる

入社してからこれまでのキャリアと今はどんなことに力を入れているかを教えてください。

入社後は財務・人事・事業承継・幹部育成・生産性向上など多岐にわたる業務を経験しましたが、その中でも事業承継の領域で専門性を磨いてきました。事業承継の領域ではホールディング経営という独自モデルの開発に至り、「オーナー経営者のためのホールディング経営」「ホールディング経営はなぜ事業承継の最強メソッドなのか」という本を上梓するに至り、活動の幅が全国に広がっています。今はホールディング経営研究会の運営を通じ、全国の経営者にダイレクトで接しています。

ルーチン業務はなく、毎日が新たな挑戦

主な1日のスケジュールを教えてください。

コンサルタントの仕事には決まりきったルーチン業務というものはなく、極端に言えば毎日新たな価値を提供していないといけません。
前例や惰性が通用しないため、手を抜くとどんどん劣化する厳しい仕事ですが、その分毎日新たな発見があり、日々自分の成長を実感できます。現在では活動の幅が全国に広がっており、月の半分は九州、半分は全国各地への出張というスケジュールです。経営者と合わない日はなく、刺激的で充実した日々を過ごしています。

コンサルはビジネスの総合力が身につく

入社して身についたスキルは何ですか?

一般的に仕事に必要なスキルには、「新たな価値を創造する」「その価値を体系化・具現化する」「クライアントに提案して受注する」「プロジェクト・タスクマネージメントを通じた価値提供」などがありますが、コンサルタントにはそれらのすべてが求められます。またそれらを実践することで、ビジネスの総合力が磨かれていきます。

最も重要なのは企業を成長させたいという使命感

どんな後輩に入社してほしいですか?

最も重要なことは、企業を成長させたいという使命感があることです。どんなに良い地頭力や業務処理能力、営業力があっても、要領の良さだけで成果が出るほど甘い仕事ではありません。クライアントである経営者の見る目は厳しく、要領の良さだけでは簡単に見抜かれますが、逆に思いが強いコンサルタントとは長期的な信頼関係を築いてくれます。

基本スキルから専門スキルまで体系的に学べる

どんな研修(教育)やフォローがあり、どのように活用していますか?

全社的には社内アカデミーという教育体系があり、基本スキルから専門スキルまでを体系的に学ぶ環境が整っています。また、より専門的な内容であれば事業所単位での勉強会も充実しており、専門コンサルタントからそのメソッドを直接学ぶ機会も多いです。