宮原昂暉写真

困ったときはAll for Our Clientsに立ち返る

経営コンサルティング本部
ドメインコンサルティング本部
ヘルスケアビジネス成長戦略研究会

宮原 昂暉

入社の決め手は説明会で聞いた社長の実体験

学生時代の経験と入社の決め手

学生時代は商学部でマーケティングを専攻し、ゼミ活動に注力しました。ゼミで企業研究をしていると、「こうすればこの会社はより良くなるのではないか?」と考える機会がしばしばあり、「自身のアイディアを発信したい」と思うようになったのがコンサルタントを志したきっかけです。タナベ経営に決めたのは、説明会で若松社長の体験談を聞き、「目指す働き方に近い」と感じたためです。「会社の規模も業種も様々な経営者たちと対等に議論し合い成長してきた」という話が印象的でした。

宮原昂暉写真

一人ひとりが目標に対し真摯に取り組む社風に触れ印象が変わった

入社前と入社後で会社のイメージは変わりましたか?

コンサルタント一人ひとりが目標に対して強い責任感を持って仕事に取り組んでいる点です。入社前は「コンサルタント=分析中心の職業」というイメージを持っていましたが、目標達成に向けて一体感を持って取り組む社風に触れて大きく印象が変わりました。自分たち自身が誰よりも成果にこだわりながら働いているからこそクライアントに対しても説得力のある指導ができるのだと感じました。

形のない商品を扱う難しさ

仕事の面白い部分、難しい部分を教えてください。

コンサルティングという商品には形がないため、自分自身の「判断」がそのまま価値になります。提供する判断が間違っていれば、「お金をいただいたのにクライアントを悪い方向に導いてしまった」ということにもなりかねません。だからこそ日々のインプットが欠かせません。他社でのコンサルティング事例や本で読んだ内容、人から見聞きした内容、生活の中で気づいたことなどが合わさって、自分にしかできないより良い「判断」を提供できたときに最も仕事の面白さを感じます。

「“宮原さんに”お願いしたい」

成長を実感したエピソードを教えてください。

クライアントと打合せを重ねコンサルティングが決まったときに先方の社長から「宮原さんも入ってくれるんでしょ?宮原さんがいてくれなきゃ」と仰っていただいたときは嬉しかったです。自分の価値を認めていただけた気がして、自信につながるとともに、「何が何でもこの会社の役に立ちたい」と強く感じました。この経験が糧になり、クライアントへ提案に向かうときの姿勢がより引き締まったように思います。「宮原さんだからお願いした」と言っていただけるクライアントをこれからも増やしていきたいです。

困ったときはAll for Our Clientsに立ち返ります

仕事で困ったときはどうしているか

自分だけで判断できない課題にぶつかったときは真っ先にクライアントの顔を思い浮かべます。忙しい先輩・上司に相談することは気が引けてしまいます。しかし、先輩・上司に迷惑をかけたくない、と一人で勝手に進めてしまい誤った判断を下せばクライアントに迷惑が掛かります。困ったときは「何が大切か」を改めて考えることで、そのときは周囲に迷惑をかけたとしても、最終的には良い結果が得られると信じて相談するようにしています。

All for Our Clientsでものごとを考えられる

どんな後輩に入社してほしいですか?

タナベ経営は日々新しい取り組みに挑戦していることから、「ここからここまでがあなたの仕事です」という明確なルールが定まっていないケースも多々あります。周囲が見落としている課題に気づいたとき、「誰かがやるだろう」と見て見ぬふりをするのではなく、自ら手を挙げて率先して動ける人には、自然と周囲の信頼が集まり、より大きな仕事が与えられます。逆に待ちの姿勢でいる人にはいつまで経っても仕事は与えられません。全社の動きを自分ごとと捉え主体的に動ける人にぜひ入社してほしいです。