巻野隆宏写真

経営者と一生一緒に働く

経営コンサルティング本部
ドメインコンサルティング本部
本部長代理
SDGsビジネスモデル研究会

巻野 隆宏

経営者と一生一緒に働く

コンサルタントを目指すきっかけとなった原体験があれば教えてください。

タナベ経営に入社するまで経営コンサルタントという職業を詳しく知りませんでした。
ただ、私のキャリアプランとして「経営者になるか経営者と一生一緒に働く」というものがあり、後者を考えたときにはじめて経営コンサルタントという職業の存在を知りました。
経営コンサルティングの日本のパイオニアがタナベ経営と知り、門をたたきました。この時点で経営コンサルタントがどういうものかわかっていたわけではなかったですが、先輩のお話を聞き、絶対になると決意しました。

巻野隆宏写真

世の中を良くする新規事業へ挑戦する

これから挑戦してみたい仕事と今後どんなキャリアを築いていきたいですか?

私は新規事業開発研究会のリーダーを務めていることもあり、新しいビジネスを生み出すことをサポートするコンサルティングが多いです。「新規事業が一つ立ち上がれば、世の中の困りごとが一つ減り、社会が一つ良くなる。」という想いで取り組んでいます。
今後も1社でも多くの企業が新規事業に挑戦できるようサポートしていきたいです。また、タナベ経営での新しい事業の立ち上げにも挑戦していきたいと考えています。

コンサルティングやWEB会議など

主な1日のスケジュールを教えてください。

午前と午後に1社ずつ担当しているクライアント先へ訪問しコンサルティングを行うことが多いです。その後、チームのメンバーとの打ち合わせをリアルやWeb会議で行います。

覚悟をもって難局を乗り越える

大変だった仕事は何ですか?どのように乗り越えましたか?

入社した当時は企業の再建をサポートするコンサルティングが半分以上を占めていました。再建計画の立案や金融機関への報告などをサポートしていました。その中ではいわゆるリストラ面談に同席する場面もありました。その面談では経営者も従業員も私も泣きました。こんな辛い思いを決してさせない、その前に手を打つ、とコンサルタントとしての覚悟を持った瞬間でした。今ではそのような辛い決断をしなくとも企業と共に成長戦略を描くことが出来るようになっています。覚悟を持って取り組めば難局は必ず乗り越えられます。

クライアントと共に成長する

成長を実感したエピソードを教えてください。

ある企業の事業戦略策定及び実行をサポートした際の話です。既存事業をさらに強化するためにブランディングに取り組みました。クライアント企業の経営者や担当者の方々の覚悟も強く、この取り組みは大きな成果を挙げました。実行段階では試行錯誤しながら様々な取り組みを行いました。全員がこの事業をブランディングして必ず顧客に選ばれる事業にするという強い信念で取り組みました。顧客から選ばれる事業になってくると社員の皆さんも目に見えて自信に満ち溢れてきます。顧客から頼りにされることを誇りに思えるようになってきます。そういった瞬間に立ち会えたことで私自身も一緒に成長できたと実感しました。

すべてバックキャスティングで考える

入社して身についたスキルは何ですか?

入社当初から多くの企業を担当させていただき、日々のコンサルティング業務を通じて非常に多くのことを学びました。その中でもバックキャスティングでものごとを考えるスキルが様々なところで役立っており、非常に重要だと考えます。
コンサルティングでは、最終成果物を明確に設定しそれに向けてバックキャスティングで計画を立て推進することでプロジェクトを成功に導けます。また、社内実務においても、常にいつまでにどういった成果物が必要かのゴールから逆算することで質の高いアウトプットを提供することが出来ます。

的確な判断を提供するスキルと、わが社と考えるマインド

活躍しているコンサルタントはどんなスキルとマインドがあると思いますか?

コンサルタントは判断を売る仕事です。活躍しているコンサルタントは常に的確な判断を提供することのできる人です。今何が大切かの的確な判断を提供するためには、まず原理原則をしっかり理解し現象面に捉われず本質を見抜くスキルが求められます。本質を見失わず一貫したものの見方・考え方でぶれない提案ができれば経営者からは頼りにされます。またクライアントを「わが社」と考えるマインドも重要です。「ワガゴト」として考え判断することが血の通った判断を提供するポイントです。

仕事とプライベートを細かく柔軟に切り替える

仕事とプライベートをどのように工夫して両立していますか?

一時、仕事とプライベートを無理に分けようと苦戦していたときがありました。非常にしんどかったのを覚えています。そこから仕事とプライベートを細かく分けようと考えると楽になりました。例えば、休日にショッピングに出かけてもクライアントのことを考えるときもあります。この店頭の打ち出し方はあのクライアントにも活用できそうだなと。それを無理に今日は休日だからと押し殺さず、この10分間は仕事、その後はプライベートと細かく分けるのです。私の場合は細かく柔軟に切り替えることでストレスなく仕事とプライベートを両立しています。

まわりに相談できる風土

仕事で困ったときはどうしていますか?

自分一人で抱え込まず先輩・同僚に相談しています。タナベ経営の社員は親身に相談にのってくれたり教えてくれる人ばかりです。皆忙しいのですが手を止めて相談にのってくれます。そういう風土ができあがっています。相談できる人が周りにたくさんいて一人で悩まなくていいのは仕事を円滑に進める上で非常に助かります。様々な分野のプロフェッショナルの集まりなので皆の英知を上手く活用させていただいている感覚です。

経営理念に共感できる人

どんな人材に入社してほしいですか?

タナベ経営の経営理念に共感できる人に入社してほしいです。企業繁栄奉仕業であるタナベ経営の理念を常に忘れずクライアントのために「わが社」の精神でコンサルティングできる人です。また成長意欲の高い人に入社してもらいたいです。タナベ経営では他社より何倍も早く成長できると実感しています。自らを高めることに喜びを感じられる人にはぴったりだと考えます。経営理念に共感しクライアントのために自らを高めることができる人と一緒に仕事ができることを楽しみにしています。