小菅大貴写真

日々苦闘しながらも、自分の力を試せる

経営コンサルティング本部
九州本部
HRコンサルティング部
人材育成(アカデミー)研究会

小菅 大貴

自分の存在価値を見つけたい

学生時代の経験と入社の決め手になったことは何ですか?

学生時代に経営コンサルタントという職業を知り、実際に経営コンサルタントの話を聞いて、社会における自分の価値とは何か、それを示せる場所とはどんな場所なのかを考えるようになりました。自分自身を商品としてクライアントに価値を認めもらうことが何よりもやりがいになるのでは思い、タナベ経営を選びました。

小菅大貴写真

何もせずともクライアントから引き合いが来るものだと勘違い

入社前と入社後で会社のイメージは変わりましたか?

当初は何もせずともクライアントから引き合いが来るものだと勘違いをしておりました。実際には経営者に自ら対峙し、最適なソリューションを提供するために、提案活動からコンサルタントの仕事は始まっているということに気づきました。特にセミナーの企画・運営をプロデュースする経験が現在のコンサルティングで活かされてると感じます。

日々苦闘しながらも、自分の力を試せる

仕事の面白い部分、難しい部分を教えてください。

同時に複数のタスクを管理しながら、仕事を進めたり、顧客が求めている価値を顧客の視点で考え実現していくことには今でも日々苦闘しながらも、クライアントに自信を持って提案したサービスが受け入れられ、自身でその後のコンサルティングまで行わせてもらえるのは、他業種にはない経験だと思います。

状況に応じた判断力が鍛えられる

成長を実感したエピソードを教えてください。

右も左もわからず、上司からの仕事を一生懸命こなすことに注力しておりましたが、自分自身でセミナーを新しく企画し、受講者が満足する品質にしていくために、どのような行動・取組が必要か、考え自ら判断をする機会が増えました。セミナーは受講者の状況や当日の様子でその都度、対応をしていかなければならないため、状況に応じた判断力が鍛えられ、自分の価値を高める経験に繋がっています。

俯瞰して捉える

仕事で困ったときはどうしているか

明らかなミスは即対応を心がけています。どうしてよいかわからない場合には、いったん別の業務を進めることでふとした時に、対処法を出てくることが多いです。あえて時間をおいて、場所や場面を変えて考えてみると、それまで思いもつかないアイデアや発想が出てくることがあります。

何でもやってみる

どんな後輩に入社してほしいですか?

人それぞれ食べ物にも好き嫌いはあります。それと同じように社会生活でも仕事の内容や人間関係でも好き嫌いは生じるものです。しかしながら、実際に様々なことをやってみてからでないと判断できないことも多くあります。苦手意識があるような分野でも挑戦し、自分なりに勉強し自分の価値を高められる人と当社で一緒に仕事をしたいと思います。