小林宏輝写真

新しいコンサルティングメソッドの開発にもチャレンジしたい

経営コンサルティング本部
九州本部
HRコンサルティング部 部⾧代理
人事研究会

小林 宏輝

コンサルタントへの道

入社してからこれまでのキャリアと今はどんなことに力を入れていますか?

入社後は主催するセミナーの企画から運営の統括を行いました。5年目以降は業種業界問わず、上場企業から地場中小企業までの人事制度構築・人材育成を中心としたHRテーマのコンサルティングを経験しました。現在は企業の事業戦略やデジタル戦略の構築など、より経営に近いテーマのコンサルティングにチャレンジしています。今後更に努力を重ね、経営者と正面から対峙できるコンサルタントを目指していきたいと思います。

小林宏輝写真

新卒でコンサルタントを目指す不安

入社前に不安に思っていたが、入社して解消できたことは何ですか?また、それはどの様に解消されましたか?

コンサルタントは様々な経験を持ったプロ集団であり、学生経験しかない新卒がコンサルタントとして活躍できるのか、漠然とした不安を抱えていました。タナベ経営では、ドメイン&ファンクションから自身の興味のあるテーマを選択し経験した結果、自分の志向と違えば他のテーマにチャレンジすることもできます。私の場合は人事領域からコンサルタントの道をスタートさせましたが、自ら関心の高いテーマを選択し、学び、経験を積むことが自信となり、少しずつ不安は解消されています。

クライアントの見えていない問題に気付くこと、あるいは大局的に捉えてあるべき方向へ導くこと

仕事で失敗し、学んだこと(経験したこと)、成功したことについて教えてください。

コンサルティングの現場や提案においてクライアントの社長から会社の課題やご要望をお聞きすることは多いですが、その言葉通り受け取り、アクションした結果お客様の満足を得られないことを数多く経験しました。コンサルタントの仕事は、クライアントの御用聞きではなく、クライアントの見えていない問題に気付くこと、あるいは大局的に捉えてあるべき方向へ導くことが重要であることを学ぶきっかけとなりました。

クライアントや社内のメンバーから感謝の言葉をもらえる

やりがいを感じるのはどんなときですか?

最もやりがいを感じるときは、より難易度の高い仕事にチャレンジし、無事に終了したときにクライアントや社内のメンバーから感謝の言葉をもらえる瞬間です。常にレベルアップを求められる仕事であるため、チャレンジする機会が多くあり、やりがいのサイクルを回し続けることができます。

新しいコンサルティングメソッドの開発にもチャレンジしたい

これから挑戦してみたい仕事と今後どんなキャリアを築いていきたいですか?

「タナベ経営の〇〇の領域では小林」と言われるリーダーとして活躍できるよう、自ら進む専門領域を追求していきたいです。また、近年はデジタル技術が進み、スタートアップ企業が多く誕生し、企業経営の舵取りにも大きな影響を及ぼしています。これらのようなトレンドを押さえつつ、経営の原理原則に沿った新しいコンサルティングメソッドの開発にもチャレンジしていきたいと思います。

相談事項をお話頂ける機会が増えていくことは自身の存在価値のバロメーター

成長を実感したエピソードを教えてください。

自信の成長を最も感じるのは、クライアントから直接相談や問い合わせをいただける頻度が増えたことです。経験値の浅い頃は“タナベ経営の担当者”として見られることが多いですが、経験を重ねるたびに“小林さん”として認識して頂けるクライアントが増え、ダイレクトに困りごとや相談事項をお話頂ける機会が増えていくことは自身の存在価値のバロメーターであると考えています。