伊藤健一郎の写真

“チーム”でクライアントの課題解決をするタナベ経営の強みに魅力を感じた

マーケティングコンサルティング本部
デザインプロモーション本部 主任

伊藤 健一郎

“チーム”でクライアントの課題解決をするタナベ経営の強みに魅力を感じた

学生時代の経験と入社の決め手について教えてください。

中学から大学まで野球部で、目標に向けてチームで取り組むことを行ってきました。また、高校生の時の授業で起業体験をした中で、経営や組織運営の難しさを痛感しました。その経験から「経営コンサルタント」という職種に興味を持っていました。「チームコンサルティング」を掲げるタナベ経営は、就職活動をしている私にとっては正に挑戦したい環境が整っていると強く縁を感じ、入社を決めました。

伊藤健一郎の写真

より幅広いプロモーション領域を持ってクライアントに価値提供する。

これから挑戦してみたい仕事と今後どんなキャリアを築いていきたいですか?

クライアントの課題に対して、提供できるプロモーション領域を広げていくことです。川上から川下まで一気通貫した販促プロモーション活動が全面支援できるプロフェッショナルになりたいと思います。自分自身もより成長し勉強し続けることはもちろんですが、専門分野を持つチームメンバーとの連携をより深め、顧客価値を提供していきたいです。

クライアントが求める「欲しい」をデザインする

仕事の面白い部分、難しい部分を教えてください。

デザインの力を活用して、商品やサービスの魅力を伝えることです。なぜそのアイテム・デザインなのかをロジカルに設計していくことの難しさを常に体感しながら仕事を進めています。まず自らがその商品・サービスのファンになり、体現することでわかる現場感覚を大切にしています。デザインの表現方法は無限大に広がっていますので、常に情報のアンテナを張り、情報の確度を高めながら、クライアント及び消費者が求める価値にこたえていくことが重要だと思います。

クライアントの年間販促スケジュールを逆算してスケジューリングする

主な1ヵ月のスケジュールを教えてください。

クライアントへの訪問が約30件、社内での打ち合わせは約10件です。クライアントへの訪問については時流に合わせながら Webでの商談も増えてきています。クライアントの年間販促スケジュールをしっかりと把握し、提案活動の機会損失が無いように常にクライアントと向き合ったスケジューリングを心掛けています。

諦めずひたむきにクライアントと向き合うこと

仕事で失敗し、学んだことについて教えてください。

クライアントの課題解決に向けて、諦めずにヒアリングを重ね、ひたむきに提案を続けたことです。
新規のクライアントのため、クライアントが求める内容や課題のヒアリングに難儀していました。時にはピントのずれた提案をしてしまうこともありましたが、クライアントからのフィードバックを真摯に受け止め、何度も提案を重ね、結果として案件を受注し、別案件を紹介いただくことができました。この経験を基に、諦めずに挑戦をし続け、実直にクライアントに向き合うことの大切さを学ぶことができました。

クライアントの期待値を超えた価値提供の先に生まれる信頼関係

やりがいを感じるのはどんなときですか?

クライアントの求めるレベルに対し、それを超えた提案を行い成果に繋げたときです。新規会員を促進させるキャンペーン企画を提案する際に、ターゲット層に合わせたブランドコラボを提案し、予想値を超える新規獲得数に繋げることができました。
その際のクライアントからの感謝の言葉は勿論ですが、その結果を基に、以降の企画や派生した案件の相談に繋がり、クライアントからの信頼を体感することがやりがいに感じます。

入社して身についたスキルは何ですか?

コミュニケーションの幅を広げる

業種業界、年齢層を問わず多くの人とコミュニケーションを図ることです。学生時代と異なり、今まで自分が関わったことのない方とのコミュニケーションの機会が増えました。相手(クライアント、消費者)を知ることだけではなく、相手が求めていることが何かを常に意識して、コミュニケーションをとることが非常に重要であることを学びました。自分の視点だけで物事や相手を考えるのではなく、時には視座を高めた捉え方や考えを知ることでコミュニケーションの幅を広げる努力をしています。

時には泥臭くとも、妥協せずクライアントと向き合うマインド

活躍しているコンサルタントはどんなスキルとマインドがあると思いますか?

活躍しているコンサルタントは共通してクライアントに対してまっすぐに向き合っている人が多いです。
クライアントの価値提供に対して、決して妥協せず、泥臭く向き合うことができる人材だと思います。クライアントの本質的な 課題を引き出すヒアリング力と、その課題解決に向けて自身の力だけではなく、メンバーの力を集結させるディレクションスキルが長けていることも言えます。

専門分野を持った唯一無二の集団の集まり

職場の雰囲気(どんな先輩・後輩や同僚がいるか等)を教えてください。

今まで出会ったことのない新しい視点や発想、経験を持った唯一無二のメンバーの集まりだと思います。特に専門分野に強みを持つメンバーが多く、チームでクライアントの課題解決をしていく土壌が整っています。ベテラン・若手関係なくチームを組むことも多く、成果に対してプロとしての強い責任感を持ったメンバーが多いです。

失敗を恐れず、挑戦することを厭わない人

どんな人材に入社してほしいですか?

タナベ経営には誰にでも挑戦する機会があります。周りの人は温かく親身にフォローをしてくれるメンバーばかりです。時には地道な作業や泥臭い部分もありますが、失敗することを恐れずにチームメンバーと力を合わせてクライアントの課題解決に向けてまっすぐに取り組める人と仕事ができるとうれしいです。