石丸隆太写真

様々な経営者との出会いで、経営課題解決に対する興味を持つ

経営コンサルティング本部
ドメインコンサルティング本部
部長
建設ソリューション成長戦略研究会

石丸 隆太

様々な経営者との出会いで、経営課題解決に対する興味を持つ

コンサルタントを目指すきっかけとなった原体験があれば教えてください。

前職では経営者と対峙し、事業や経営に関する情報や課題に触れるケースが多く、刺激的かつ先進的で自分自身の成長に繋がっていました。そのため、経営者にもっと深く関わり、自分自身の成長を加速させ、経営者が抱えている経営課題を解決したいという思いが年々強くなってきました。
一緒に経営課題を解決できる職業は何か?経営者ともっと深く関わり、自分自身を高められる職業は何か?と考えた時に、コンサルタントを選びました。

石丸隆太写真

自らの更なる成長と経営課題を解決したかった

入社してからこれまでのキャリアと今はどんなことに力を入れていますか?

当初は、経営機能を中心に視るファンクションコンサルティング本部に所属していました。そこで1年程度活動した後に、私自身が入社当初より事業戦略や営業戦略について、興味を持っていたこともあり、ドメインコンサルティング本部へ異動をしました。現在では建設・住宅・物流ドメインを中心にコンサルティングをしており、ゼネコン・サブコン・住宅メーカー・建設機械商社やレンタル会社等の建設業界に対するコンサルティングが半数以上を占めます。業界のインプットや成功事例の収集に力を入れています。

同じ仕事はない

仕事の面白い部分、難しい部分を教えてください。

企業は十人十色ならぬ十社十色です。同じ業界であったとしても、経営者の考え、従業員の数・質、顧客層やエリア、事業・商品ポートフォリオ、サプライチェーン、バリューチェーンによって様々です。同じアウトプットになることがなく、常に新しい知識を吸収でき知的好奇心が旺盛な方は非常に面白く仕事ができます。
一方、コンサルタントは顧客に対し、最適・最善な解決策を提案しますが、それは今後の企業の運命を決める内容にもなるので、常にプレッシャーとの戦いです。

現場の重要性

仕事で失敗し、学んだことについて教えてください。

A社で営業戦略策定及び実行推進のコンサルティングを実施していました。戦略フェーズでは内容をコミットメントとし、実行推進フェーズではメンバーと一緒に進め、結果も出ましたが、クライアントの推進責任者から今後、一緒に進めていくのは難しいと言われました。理由は現場の状況を軽視し、戦略優先で進めてきた結果、実行する現場が疲弊してしまったことが要因です。現場の実態も加味し推進していくことが必要だと学んだ貴重な経験です。

一瞬の達成感のために活動

やりがいを感じるのはどんなときですか?

コンサルティングは一般的に見れば輝いて見える職業だと思いますが、実際には調査や分析など泥臭い業務が大半を占めます。そのため時間を相当費やしますので、それだけを切り取るときつい職業とも言えます。
しかし、その調査・分析から事業の方向性を示し、実行支援まで行い、クライアントから「その視点はなかった」「業績が上がりました」「本当に契約して良かった」等を言われると、今までのやってきたことが間違ってなかったことの証明となり、非常に高い達成感を感じられます。

全体を俯瞰してみる力

入社して身についたスキルは何ですか?

自分を見るときは1人称、相手を含めて見るときは2人称、そこに第3者を加えるときは3人称、それにマーケットやライバル等を加えると4人称となります。入社してから付いた力は4人称で状況を見ることができるようになったことで、部分最適ではなく、全体最適で見る力が付いたことです。様々な角度で事象を捉えられるようになったことで世界観も広がりました。

責任感と自律心

活躍しているコンサルタントはどんなスキルとマインドがあると思いますか?

顧客の成果に対して最後までやり切ろうとする責任感と、自分自身を律して行動を出来る自律心が必要です。
スキルについては入社してからたくさん身に付け、活躍している人もたくさんいます。逆に元からすべてを身に付けている人の方が圧倒的に少ないと思います。最初は何も分からない中、進めていかなければならないので、不安が常につきまといますが、自らが「All for Our Clients すべてはクライアントのために」で動いていけるか、自らを追い込んで活動できるかが非常に重要になります。

タナベ動物園

職場の雰囲気を教えてください。

職場には多種多様な人種が揃っています(笑)。『タナベ動物園』は若松社長が良く使う表現ですが、タナベ経営に入社する人は特徴的で面白い人が多いです。また仕事の能力が高く、様々な視点で物を考えられるメンバーばかりなので、自分を成長させたい人にとっては常に刺激を得られる環境下です。また日中はクライアントに出向いているため、夕方にメンバーと顔を合わせますが、その際には冗談で笑いが発生する等、フランクな環境で仕事をしています。

相談できる環境は揃っている

仕事で困ったときはどうしていますか?

仕事で困った場合は優秀なコンサルタントがたくさんいますので、相談する人には事欠きません。
その際にも、忙しい中でも時間をしっかり取ってもらい、アドバイスをしてもらえるので、非常に有難いです。
ただし、何も考えずに漠然と聞くのではなく、コンサルタントらしく、自分自身の考え方や分析結果がこうで、その上で不安を感じる部分があるから相談するといった形です。そうすることで悩みの真因が分かりやすいですし、アドバイスもより的確にしてもらえます。

企業を愛し、企業繁栄に奉仕する

どんな人材に入社してほしいですか?

タナベ経営の経営理念「タナベ経営は企業を愛し、企業繁栄に奉仕し~」というフレーズがありますが、それに共感してもらえる人材に入社してもらいたいです。コンサルタントは仕事をビジネスライクに捉えたりする人には向かない職業ですし、ただの憧れでもついていけない職業だと思います。企業を良くしたい・発展させていきたいという信念を持って、リーダーシップを取れる人材であれば活躍できるフィールドはいくらでもありますので、皆様とのご縁を楽しみにしております。