浜西健太写真

有縁を度すの精神が、今の使命である“幸せな会社づくりを支援すること”に導いてくれた

経営コンサルティング本部
HRコンサルティング本部 部⾧
人材育成(アカデミー)研究会

浜西 健太

有縁を度すの精神が、今の使命である“幸せな会社づくりを支援すること”に導いてくれた

入社してからこれまでのキャリアと今はどんなことに力を入れていますか?

入社後、主に金融機関・会計事務所との連携支援業務を通じた教育支援やコンサルティング支援に従事していました。その後、中小企業専門のコンサルティングを行い、経営者と対峙していく意味と覚悟を考えるきっかけとなりました。現在は、主に組織・人事の専門コンサルタントとして、中堅・上場企業のコンサルティングに従事しております。

浜西健太写真

時間をかけるよりも、効率よく、密度の濃い時間をいかにして生み出すか

主な1ヵ月のスケジュールを教えてください。

1ヵ月の時間の配分としては、コンサルティング先への訪問が約7割、開発・企画・準備が約3割の時間配分です。
コンサルタントは常にインプットとアウトプットを同時に行う必要がありますので、1ヵ月の時間の使い方が非常に重要であり、時間をかけていくという概念よりも、効率よく、密度の濃い時間をいかにして生み出すかがポイントであると感じています。

やり切る力がすべての原動力に

入社して身についたと思うスキルは何ですか?

タナベ経営では、多様な業種・業界、規模のクライアントと対峙することが出来る機会や多様な仕事に挑戦する機会が存在します。その中で、自ずと、“やり切る力”が養われているように感じます。コンサルタントの仕事は日々、未知との遭遇ですが、“やり切る力”が養われたお陰で、多岐に渡る仕事が出来るようになりました。主に身についたスキルとしては、「経営者と対峙する力」「プレゼン力」「交渉力」「戦略立案力」「マーケティング思考」などが挙げられます。

クライアントと一丸となり、赤字からの脱却

大変だった仕事は何ですか?どのように乗り越えましたか?

一番大変だった仕事はクライアントを赤字から単年度で改善したケースです。 コンサルティングが決まった当初は、3期連続赤字、資金繰り悪化、銀行からも要注意先として指定されており、組織の風土・空気感もお世辞にも良いとは言えない状態でした。
クライアント先の社長・役員が中心となり、今までの価値観をすべて捨て、我々と共にチーム一丸となり、会社の改善に向けて断行いただいたことにより、危機を乗り越えることが出来ました。

研修と1on1の教育体制

どんな研修(教育)やフォローがあり活用していますか?

タナベ経営では、階層別の研修やテーマ別の研修が充実しております。また、フォロー体制としては、1on1でのエルダー制度があり、仕事における些細な相談まで出来る教育担当者が丁寧にサポートしてくれる環境が整っております。私自身は自身のエルダーが居てくれたお陰で今の自分があると言っても過言ではありません。

対峙する姿勢と飽くなき追求心

活躍しているコンサルタントはどんなスキルとマインドがあると思いますか?

活躍しているコンサルタントに共通することは、①クライアントと対峙する姿勢と②飽くなき追求心に尽きると考えます。
クライアントから愛されているコンサルタントほど、上記2点が整っていると感じます。