福元章士写真

未来を創ることへの挑戦

執行役員
経営コンサルティング本部
ファンクションコンサルティング本部
戦略CFO研究会

福元 章士

あらゆる面で企業経営のサポートができる経営コンサルタントという職業

入社前の経験と入社の決め手について教えてください。

前職は金融系リース会社にて企業の設備投資に関するリース営業を担当し、リース実務における財務・会計の知識と多岐にわたる業界・業種の設備投資案件に携わりました。しかしながら、企業経営において金融面の支援だけでは企業の持続的成長をサポートするという自身の掲げたミッションを達成できないと感じました。そこで、ヒト・モノ・カネのすべてに関して企業成長の支援が可能である経営コンサルタントという職業に魅力を感じ、タナベ経営に入社しました。

福元章士写真

更なる専門性向上に挑戦する

入社してからこれまでのキャリアと今はどんなことに力を入れているかを教えてください。

入社後は、特に財務コンサルタントとして、建設業、流通業、食品製造業、金属加工業、外食・小売業などあらゆる業種のクライアントに対して、中期経営計画策定やHD体制構築、業績マネジメント構築、また、企業再生における再建計画立案と金融機関対応や同族企業における資本政策立案も多数支援してきました。特に今、成長戦略に欠かせないM&A戦略の構築とPMI(統合計画)立案のスキルを高めていきたいと考えています。

タナベ経営のコンサルティングスタイル(チームコンサルティング)でコンサルタント未経験者でも早期に活躍できる

入社前に不安に思っていたが、入社して解消できたことは何ですか?また、それはどの様に解消されましたか?

入社前、コンサルティングに関する経験も知識もない全くの未経験者であり、本当に自分自身のスキルでクライアントの期待に応えることができるのか不安に感じていました。しかし、入社後は短期間にコンサルティングの実務経験を多く積むことができるチームコンサルティングにより、色々な先輩コンサルタントの実務スキルを見聞きすることで自分自身もクライアントに対して価値提供できる引出しを蓄積できました。そのおかげで入社1年たったころには、不安も解消し自信が持てるようになりました。

「経営者をいかに動かすか」を学ぶ

仕事で失敗し、学んだこと、成功したことについて教えてください。

コンサルティングの現場で、クライアントにとって必要だと思ったことを伝えることが使命だと考え、経営者に伝えますが、その意図が伝わらず感情的に受け取られ、改善活動が進まなかったことがありました。そのとき、「コンサルタントはクライアントを動かしてこそ価値がある」というアドバイスを受けました。まさに我々の仕事は成果を出してこそ評価されるのだと学びました。それ以降、経営者の特性に応じて臨機応変に対応することを心掛け、パートナーとして共に行動し、期待以上の成果を出すことが出来ました。

自分自身の存在価値を感じることがやりがいの源泉

やりがいを感じるのはどんなときですか?

コンサルティングにおいて、クライアントに成果を評価してもらったときにコンサルタントとしてのやりがいを非常に感じます。また、今の立場においては、チームのメンバーがクライアントから感謝されている言葉を頂戴したときにも人材育成という面で非常にやりがいを感じます。このことから、自分がクライアントやチームのメンバーに対していかに貢献できているかという自身の存在価値を認識できたときに、仕事に対してのやりがいを感じています。

未来を創ることへの挑戦

これから挑戦してみたい仕事と今後どんなキャリアを築いていきたいかを教えてください。

これからは、自身の財務スキルを高め成長することを前提に、「財務・生産分野の最強コンサルタント集団」を創ることを目指しています。まずは、チームメンバー各人のスキルアップのサポートとともにコンサルティング機会をより多く得られ経験を積むことができる環境整備が必要です。自身のキャリアとして、これから成長していく組織の基盤づくり(人の育成やチーム力の強化)に挑戦し、ぜひ実現したいと考えています。