チームと仕事を知る

Team Consulting
-すべてはクライアントのために-

専門コンサルタントがクライアントの課題に合わせた最適なチームを組成して、総合的に挑むコンサルティングアプローチ。それが「チームコンサルティング」
そのチームコンサルティングのリーダーが語る「プロフェッショナル」な仕事の一部を紹介します。新たな挑戦があなたを待っています。

ホールディング経営チーム

組織をデザインすることも重要なファクター

リーダーの写真
  • 経営コンサルティング本部
  • 九州本部 副本部長
  • ホールディング経営研究会
  • 中須 悟

組織をデザインすることも重要なファクター

対象となるクライアントの事業内容について教えてください。

クライアントの業種は様々です。オーナー系の企業がホールディング経営体制へシフトするタイミングは経営者の世代交代期、つまり事業承継期であることが多いです。先代経営者が事業承継後の体制として、またバトンを受け継いだ後継経営者が新体制として取り組みます。ホールディング経営にシフトする場合、企業がグループとして成長するという意志をビジョンとしてデザインし、それを実現するための戦略を組み立てます。企業の外部を取り巻く経営環境は決して追い風ではなく、人口減少に伴うマーケットの縮小という逆風にさらされています。
そのため企業が単独で成長してゆく戦略は描きづらく、事業ポートフォリオと言われる複数の事業を総合して全体の事業構成で進化させて行かなければなりません。近年はM&Aで他社との経営統合をすることや、創業間もないベンチャー企業(スタートアップ企業)に資本投下することも増えています。
ホールディング会社の傘下で、複数の事業会社が連なるのですが、その各企業の責任者である経営者を育成することなど、そういった組織をデザインすることもコンサルティングにおける重要なファクターとなります。

チームメンバー

成長戦略からリーダー人材の育成まで多方面から総合的に課題解決

ミッション・役割・特徴について教えてください。

オーナー系の企業が将来にわたって進化・成長し、企業淘汰の波に抗うための次世代経営体制として、ホールディング経営モデルを提唱します。その考え方や方向性に共感する経営者とともに研究・実践して行くのが私たちのチームです。
企業の成長戦略をはじめ、次世代の組織体制、財務・収益構造、リーダー人材の育成など多方面から総合的に課題解決して行くところに特徴があります。

形を作るだけは、やりがいや満足感は得られない

やりがい・達成感について教えてください。

ホールディング経営の体制づくりを支援することが私たちのチームのコンサルティング内容になるのですが、形を作っただけではやりがいや満足感を得ることはあまりありません。
目的は経営者が描くビジョンに共感し、それを実現する体制をつくることですが、その目的に沿った具体的な提案が経営者に受け入れられ、また一定の成果が出た際に経営者から感謝されるときにやりがいを感じます。

タナベ経営をオンリーワンかつナンバーワンのポジションにする

今後のビジョン・目標について教えてください。

企業が淘汰される時代に勝ち残るメソッドを提供するというミッションの下、ホールディング経営・グループ経営、あるいは事業承継という領域においてタナベ経営をオンリーワンかつナンバーワンのポジションにすることです。そのために既存のコンサルティングモデルをブラッシュアップし続け、また新たなメソッド開発をこのチーム中心に進めて行きたいと考えています。

創造性やそのベースとなる好奇心、壁にぶつかっても諦めない探求心や責任感

求める人物像について教えてください。

私たちのチームは、まだ新しい領域なので、成功事例が少ないというジレンマがあります。そんな中でも経営者との対話の中でビジョンを共有化し、新たなスキームに取り組んでゆく創造性やそのベースとなる好奇心、壁にぶつかっても諦めない探求心や責任感などが必要です。他人の知識や過去の経験だけで要領よく対応しようとする人は基本的に不向きです。

経営者とダイレクトで繋がり、スキル・人間力が磨かれ続ける好循環なモデル

タナベ経営の強みについて教えてください。

全国の中堅・上場企業の経営者と長期的な信頼関係構築により良質な顧客基盤が形成させているところであり、模倣困難な優位性を確立しており、付加価値も高いと思います。
百戦錬磨の経営者とダイレクトにコミュニケーションが取れることも強みです。そのような経験を積むことでコンサルタントのスキルや人間力も更に磨かれる好循環なモデルと言えます。

我々が取り組んでいる領域

求職者へのメッセージ

我々が取り組んでいる領域は、人口減少が加速し、生産性低下が危惧される日本経済において、中堅・上場企業が連合することでその逆風に抗い、大企業に対抗できるよう生産性を上げて行くという点で、国益にも寄与するものです。そんな使命感の高い方を大歓迎します。