山村隆写真

きっとなんとかなる

経営コンサルティング本部
東京ファンクションコンサルティング本部
部長
人を活かし、育てる会社の研究会

山村 隆

中堅・中小企業の発展に
少しでも寄与する

数あるコンサルティングファームの中でタナベ経営を選んだのは、特に結果思考で泥臭く課題解決に取り組んでいるコンサルティング会社だと感じたからです。元々は人材サービス会社で営業やコンサルティングを担当していましたが、その中で働く誰もが幸せに、自分を活かしていける社会づくりの一助となりたいという思いが強くなってきました。どうすればよいか、会社を辞めてゼロから考えようと思い、半年ほど考え続けました。結論としては、自分のビジョンを実現するために最も大きなインパクトがあるのが経営であり、中でも日本企業の殆どを占める中堅・中小企業の発展に少しでも寄与することが最短の道のりであると考えたためです。

山村隆写真

努力や成果を
フラットに認めてくれる社風

一言でいえば、多くの経験やご縁を頂けており感謝しています。なぜなら、日々インプット・アウトプットを猛烈なスピードで回転させなければならない仕事ではありますが、逆に言えば自己成長しながらクライアントの成長発展やビジョン実現に貢献できるという大きな機会になっているからです。加えて、多くのコンサルタントがいますので、他のコンサルタントと一緒にチームでプロジェクトにあたれることも成長につながっていると感じます。もちろん、最初はやはり大変で、組織文化に馴染むのにも苦労しました。しかし、努力や成果をフラットに認めてくれる社風のため、結果を出せば仲間として認めてもらえますし、自分の行動や成果について、社外からも社内からも漏電せずにフィードバックがくる環境は緊張感とともにやりがいがあります。

すべてが日々刺激に

コンサルティング案件は同じケースはありませんので、すべてが日々刺激になっています。プロジェクトがキックオフされるたび、クライアントとつくりあげた仕組みがカットオーバーするたび、大きな緊張感とともに、他では味わえない刺激を受けていると感じます。たとえば、経営分析するだけでも、同じケースはまずありません。どのような苦労や歴史があり今があるのか、そのような点に想いを寄せる必要がありますし、社内外の関係者との人間関係や、業界の趨勢、今後の市場トレンド、何よりクライアントがどうなりたいかという意思によって、すべての案件が全く違ったものとなります。このように、日々多くの臨床的経験ができることはコンサルタントとしては何よりの刺激であり、財産であると考えます。

誰かのためになりたい、誰かを幸せにしたい

誰かのためになりたい、誰かを幸せにしたいという考え方をもった人と一緒に仕事がしたいです。経営は関わる人を幸せにする仕組みづくりであり、そのご支援をするのであれば、より相手を思う必要があります。まずその意思がなければ、ずっとその業界にいるクライアントでも解決できない課題を、我々がクリアにできるわけがありません。コンサルティングファームはよく一匹狼が集まるといわれますが、タナベ経営はチームワークの意識が強く、馴れ合うのではなくお互いを高め合い助け合う社風があります。これは多様化するクライアントの要望に対し、外科・内科・整形外科医等が総合診療するように、ビジネスドクターとして専門家が共同で事にあたることにより課題解決の可能性を高めるという方針の表れでもあります。したがって、その一員となるには、個々人役割は違えど、根底にある考え方に共鳴できることが最も重要だと考えます。

きっとなんとかなる

「彼が来てくれれば安心だ。きっとなんとかなる」―そのようにクライアントにそう思ってもらえるようなコンサルタントになりたいです。クライアントが抱える課題は様々であり、明確な解決策がないものばかりです。先のことをすべて予測することもできませんし、想定外のことも当然起こります。非連続かつ激変する経営環境の中で、クライアントは時に絶望感に襲われることもあると思います。解決策が見つからず、藁をもすがる思いでご依頼をいただくこともあると思います。そのようなときに、少しでもその負担を和らげ、希望が持てるように、何より結果で貢献できるコンサルタントになりたいと思います。私のような若輩はまだまだ言うは易しですが、少なくとも常にそのような心持ちでいるようにしています。

キャリアステップ