山田亜矢子写真

トップラインを上げ、クライアントの生命線に対しダイナミックな変革を

マーケティングコンサルティング本部
東京本部
ブランドプロモーション1部 主任

山田 亜矢子

経営面やプロセスも含めた上流工程からマーケティングに携わりたい

入社前の経験と入社の決め手について教えてください。

入社前は大手アパレルメーカーで一貫して、マーケティングやブランディングに従事してきました。マスからダイレクトまで、リアルからウェブまで多くの施策に携わる中でアパレル業界以外にも視野を広げたいと思ったこと、また、経営面やプロセスも含めた上流工程からマーケティングに携わりたいと考えたことが、転職を考えるきっかけとなりました。

山田亜矢子写真

以前では考えられなかった手法でトランスフォーメーションを実現する

入社してからこれまでのキャリアと今はどんなことに力を入れていますか?

主に大きくマーケティングやブランディングのコンサルティング・デザインツール・ダイアリーの3つの領域に分かれており、私はコンサルティングのチームに所属しています。
業界問わずファンクション軸でブランディングやマーケティング・プロモーション分野で課題を抱えるクライアントを中心に支援しており、関東近郊だけでなく北海道から沖縄まで出張ベースで訪問しています。複数の案件が並行して進むため、食品小売りの店頭プロモーションを考えた翌日には、化粧品メーカーの商品設計を考えたりと、カバーする専門領域も多岐に渡っています。
現在は従来のマーケティングのコンサルタントだけでなくクライアントを経営視点で判断し、デジタルを活用した案件の創出にも携わっています。DXやCXなど、以前では考えられなかった手法でトランスフォーメーションを実現する、非常にやりがいがあり同時に緊張感もある仕事を行なっています。

トップラインを上げ、クライアントの生命線に対しダイナミックな変革を

この仕事の魅力は何ですか?

この仕事の魅力の1つは、多様な業界の課題と向き合えることです。要求されるスキルセットもまた千差万別で、とてもストレッチが求められる環境です。決して楽ではないですが、日々チャレンジできる楽しい仕事だと思います。
もう一つは、経営者層やマーケティング担当者とともに、クライアントの発展に貢献できること。マーケティングコンサルティングはコスト削減等とは異なりトップラインを上げるコンサルティングであることから、クライアントの生命線に対しダイナミックな変革をもたらします。小手先ではなく本質的なコンサルティングを行うことで初めて、真の意味でクライアントに感謝されると考えています。

知力・体力・気力を振り絞りながら共に並走できる人

活躍しているコンサルタントはどんなスキルとマインドがあると思いますか?

向上心があり、クライアントのことを第一に考え、知力・体力・気力を振り絞りながら共に並走できる人だと思います。
コンサルタントはクライアントからはその道のプロとして認識されるため、プロとして相当量のパフォーマンスが求められます。もちろん生産性高い方法でパフォームすることは重要ですが、必ず体力、気力が求められる場面が出てくると思います。全力で取り組み、クライアントに寄り添いゴールまで並走できる人は社内外から相応の評価を得、活躍していると考えています。

ワークライフインテグレーションの実現

仕事とプライベートをどのように工夫して両立していますか?

モバイルPCが支給されているため家でも休日でも仕事ができてしまう環境ですが、オフは意識的にPCを開かないようにしています。コンサルタントは職業柄『クライアントのために何をすべきか?』を問う時間が長く、時に視野が狭くなってしまうことがありますが、視野狭窄では提供できる価値に偏りが出てしまうため、プライベートでは積極的に外に出て、トレンドやアイデアを吸収するようにしています。長期休暇には海外に行き、文化や価値観と触れ合い、リラックスできる環境を自ら創り出したり、また昨今SDGsの潮流もあることを踏まえデジタル依存な現代から脱却し、自分の肌で物事を感じることもしています。
プライベートで得る気付きが仕事をする上でも役に立ち、仕事で求めるアイデアがプライベートの楽しみにもつながる。相乗効果でちょうど良いワークライフインテグレーションを実現できているのではないかと思っています。

1人で戦うのではなく、チームで戦う

職場の雰囲気を教えてください。

まずプロフェッショナルな気概、矜持を持っているメンバーが多いです。事業会社とは異なりプロフェッショナルファームの一員であることから、常にクライアントからどのように見られるかを全社として意識しています。
役職や職能問わず、助け合う、温和な文化が醸成されています。1人で戦うのではなくチームで戦い、チームでクライアントのために走り抜くということを意識して働いています。
コンサルタントは、クライアントからはその道のプロとして認識されるため、相当な量のパフォーマンスが求められますが、スキル以上に努力ややる気次第で多くのチャンスがあり、またそれをサポートしてくれる環境だと思います。