鈴木明子写真

まったく違う業種からでも、
成長できる環境

経営コンサルティング本部
大阪コンサルティングサポート本部

鈴木 明子

女性の勤続が長い会社だったことが入社の決め手に

転職したきっかけを教えてください。

前職は小売業で4年間従事していました。1~2年目は、商品の管理や接客などの店舗管理を担当し、その後、アルバイトの管理にも携わりました。
シフト管理やマネジメント業務に楽しさを覚える一方で、その難しさも知り、専門的なスキルを身につけたいと思うようになりました。そこで転職を決意し、退職後は職業訓練校に通ってビジネス実務の資格を取得し、営業事務を募集していたタナベ経営へ入社。決め手は、女性の勤続が長い会社だったことが大きかったです。私自身も長く働きたいと思っていたからです。

入社後はいかがでしたか?

入社後の研修期間では、名誉会長や社長、各部署の本部長や部長など、以前の会社では関わることのない方から直接レクチャーを受けました。研修のおかげでしっかりと会社のことを理解でき、「タナベ経営の一員である」という意識・自覚が持て、責任感も沸いてきて、期待されていると感じました。
実務はOJTでしっかり学べ、先輩が一人、直接指導してくれるエルダー制度にも助けられました。入社時にありがちな「わからないことを誰に訊いたらいいかわからない」という事も起こりませんでした。各業務をこなすだけでなく、その業務の必要性も教えてもらえたので、納得して仕事に取り組め、すべてが今の基礎になっています。

鈴木明子写真

私たちの働きがお客様の評価や売上につながることもある

仕事のやりがいを感じるのはどんなときですか?

やはりお客様に喜んでいただいたときです。「応対がハキハキしていて気持ちがいい」と、電話で直接お褒めにあずかったり、コンサルタントが訪問した際に褒めていただけたりすると、うれしくなります。データの精度や管理に対する評価の高さが、会社全体の信頼にもつながるので、その一端を担えていることにやりがいを感じます。
コンサルタントから「かゆいところに手が届く」、「おかげで円滑に進んだ」なんて言ってもらえるのもうれしいです。私たちがどれだけコンサルタントの業務を把握しているかが、お客様の評価や売上につながることもありますからね。

仕事をするうえで、心がけていることは?

会社全体にも言えることですが、個性的なメンバーがたくさんいます。その個性がお客様をファンにしているのも強みだと思います。一方で、私たちサポートもコンサルタント一人ひとりに合わせることが大切。メンバーそれぞれの気質を踏まえて、コミュニケーションをとるように心がけています。
また、新卒から入ってくる社員も多いので、困っていることをちゃんと伝えてもらえる雰囲気づくりも大切にしています。仕事での「オンとオフ」にメリハリをつけるよう意識しています。自分の個性を活かしながら、自分なりの方法で仕事が進められるのも、自由なタナベ経営の良さじゃないでしょうか。

若々しい先輩たちのように、活き活きと働き続けたい

今後の目標は?

女性の先輩たちが、きれいで若々しいんです。彼女たちが働きかけてくれたおかげで、結婚・出産を経ても働き続けやすい環境が確立されているので、私も皆さんのように活き活きと働き続けたいな、と思っています。
仕事面では、何か自分の強みを見つけて、みんなのプラスになることをやっていきたいです。例えば、コンサルタントが提出する企画書も、それぞれに個性があって魅力的だと思うのですが、より魅力的にできるはず。そういったツールの作成や管理をサポートして、よりお客様が求めているものに近づけられないかな、と常に意識しています。自分の得意なところ、興味のあるところを突き詰めて、新しい道を開拓し、みんなの助けになれるようになりたい、と思っています。

まったく違う業種からでも、成長できる環境

「自分自身どうしたいか」、「どうなりたいか」という思いを後押ししてくれるのも、タナベ経営の魅力のひとつ。私のように、まったく違う業種から転職しても、成長できる環境があります。
転職を考えている方は、すぐに「自分には向いていない」と考えず、「できることを絶対に見つける」という気持ちで挑んでほしいです。その舞台としてタナベ経営は、業種の垣根を越えてやりたいことが見つかる場だと思うので、意欲のある人はぜひ扉を叩いてみてください!