大森光二写真

ビジネスドクターになりたい

経営コンサルティング本部
東京ファンクションコンサルティング本部
部長
人材採用研究会

大森 光二

人を軸に経営全般を支援して
貢献していきたい

前職ではIT企業において、人事部門の責任者をしていました。主に採用・育成・社内活性化などを中心に進める部門であったため、企画関連の仕事も多く、難しいながらも面白さを感じていました。そのような中でコンサルタントという仕事に就こうと思ったきっかけは、自分の育った街の活気が失われてきたためです。賑やかだった街が次第にシャッター街に変わっていく様子を目の当たりにして、自分に何か貢献できることはないかと考えました。これまでの人事というキャリアを活かし、もっと広いフィールドで「人」を軸に経営全般を支援したいと考え、経営コンサルタントになりたいと決意しました。そのような思いがあったため、地域の中堅・中小企業を支援でき、人事のみではなく経営全般の支援ができるコンサルティング企業という軸をもって企業選びをしました。その中でタナベ経営を選んだきっかけは、理念である「企業繁栄に奉仕する」という考えと、自身のコンサルタントを志す動機が合致していたからです。

大森光二写真

日々成長を感じる

前職で就いていた人事という仕事にもっと広く深く関わると共に、入社前から考えていた通り人事という仕事が経営全般に繋がる仕組みを感じることができるため、非常に面白みを感じています。また、入社歴に関係なく仕事を任せてくれる風土であるため、日々成長を感じることができます。 しかし、自分自身が成長をしても、クライアントの業績が上がらなかったり、導入した制度がご納得いただけなくては意味がありません。クライアントが抱えている課題の解決策を導き出すために、限られた時間の中で常に考え、考える体力を身につけるためにインプットを続け、成果に繋がるためのアウトプットをしていくということが求められる仕事です。その点はコンサルタントならではの面白みであり、大変な点であるといえます。

コンサルタントの仕事は判断をすること

コンサルタントの仕事は「判断をすること」です。各社各様の課題がありますので、当然ながら知識だけで解決できるものではありません。状況に応じた的確な判断が求められますので、コンサルタントとしての経験値、仮説思考力、洞察力、リーダーシップなど様々な能力が必要となります。コンサルティング能力を向上させるためには、多くの臨地経験を積むことが必要となります。キャリアを積んだコンサルタントは、その場で即判断し経営改善を進めていきます。即時の判断でありながら、整合性のあるロジックも組み立てられており、その現場を目の当たりにするとあまりの力の差に愕然とすることすらあります。その域に達するためには、それだけの現場経験が必要となるわけですが、タナベ経営には長年の歴史の中で培ってきた、数多くのナレッジがあります。まずは、そのナレッジを活かしつつ、キャリア採用者としての強みとなる自分の得意な分野を深堀していくことでクライアントに貢献していきます。得意分野のみに固執せず、タナベ経営のナレッジを身に付け、幅広く新しい見識を持つことが自身の得意分野をより高いレベルに引き上げていきます。その努力の結果は、クライアントへの貢献に繋がりますので、厳しい中でもやりがいを感じる点であるといえます。

ゴールに向けて努力を惜しまない
前向きな人

お互いの専門性や強みを尊重しながら、ゴールに向けて努力を惜しまない前向きな人と一緒に仕事をしていきたいです。タナベ経営ではチームコンサルティングというスタイルを取り、3~5名が1つのプロジェクトに関わって支援をすることがあります。チームの中で、それぞれの担当分野を受け持ち、メンバーと連携しながら全員で支援をしていきます。時間に追われることも多く、非常にスピード感のある仕事です。 私も入社して1ヶ月も経たない頃に人事関連の分野を任せられました。進め方や分析の仕方を相談しながら、一つ一つの課題に緻密に向き合い、最後に一つの形に仕上げた結果、クライアントにもご納得頂き、チームのメンバーからも認められたことは大きな自信になりました。社歴や年齢に関わらず、機会を与えてもらえる環境なので、「まだ1年目だから」とか、「まだ20代だから」と臆してしまう方は、向いていないのかもしれません。

ビジネスドクターになりたい

企業の未来を決めるための最も重要な要素は人材であると感じているため、入社前の気持ちと変わらず、一貫して「人」を軸に経営全般を支援できるコンサルタントを目指しています。現在は人事関連のコンサルティングが中心となっておりますが、これからは人事以外の分野での経験や見識を増やし、よりクライアントに貢献してく力を身に付けていく必要があると感じています。周囲には専門性の高い先輩がおり、一緒に仕事をするだけでも学びになる環境です。企業としての成果事例も数多く存在しています。それらを自分の能力として身に付けていくために、素直に学び、より多くの企業を救い、企業繁栄に奉仕するビジネスドクターになりたいと思います。

キャリアステップ