奥村格写真

多種多様な業種の「当たり前」を体験することで、自分の視野がどんどん広がる

執行役員
戦略総合研究所
副本部長
アグリビジネスモデル研究会

奥村 格

事業運営をする楽しさと難しさを体験する中で、「経営」に強く興味を抱く

入社前の経験と入社の決め手について教えてください。

大学卒業後は、注文住宅メーカーで営業を8年間、その後、建材卸の新会社の立ち上げを経験しました。経営者と共に事業運営をする楽しさと難しさを体験する中で「経営」に強く興味を抱くようになり、タナベ経営の門を叩きました。

奥村格写真

さまざまな業種の経営テーマを広く経験

入社してからこれまでのキャリアと今はどんなことに力を入れているかを教えてください。

入社当初は、上司と同行するスタイルで、コンサルタントとしてのイロハを学びました。その後は、建設業の中期経営計画の作り方や営業戦略の策定・推進、食品製造業の5SやKPIマネジメント、卸売業の人事や幹部教育など、さまざまな業種の経営テーマを広く経験しました。現在は、ミドルオフィスである戦略総合研究所でマーケティング、プロモーション、各種コンサルティング商品の企画・開発・メソッド化に携わっています。

多種多様な業種の「当たり前」を体験することで、自分の視野がどんどん広がる

この仕事の魅力は何ですか?

コンサルタントの魅力は、クライアントのトップと一緒に、本質的な課題解決に向き合えることです。多種多様な業種の「当たり前」を体験することで、自分の視野がどんどん広がる実感が持てます。また、仕組みづくりだけではなく、自らが提案したテーマに即したプロジェクトをディレクションし、サポートできる点も魅力です。

ワークエンゲージメントの高さ

活躍しているスタッフコースのメンバーはどんなスキルとマインドがありますか。

ひとつは、クライアント目線を外さないことです。クライアントのニーズ、コンサルタントからの要望に応えたいという思いが強い人ほど、アウトプットの品質が高いです。もうひとつは、ポジティブなマインドを持った人です。悩みすぎると、結果として時間が遅れ、ラインメンバーへのフィードバックが遅くなり、心理的ストレスが蓄積されてしまいます。職場内のコミュニケーションは活発ですので心配には及びませんが、ワークエンゲージメントの高い人材が活躍していると感じます。

仕事の多寡でプライベートの時間が左右されないように

仕事とプライベートをどのように工夫して両立していますか?

プライベートは予めスケジュールに落とし込み、仕事の多寡でプライベートの時間が左右されないようにしています。また、趣味や啓発テーマを持つことで、プライベートの時間を確保するために仕事の効率化を意識しています。

マルチタスクとチームコミュニケーション

職場の雰囲気を教えてください。

戦略総合研究所は、業務範囲が広いため、各人が専門性を持っています。一方で、業務量が変動するタスクも多いので、マルチタスク(複数のタスク)を処理できる社員が多いです。また、事業所との連携も多く、チームコミュニケーションを取る機会も多々あるので、分からないことはその都度、上司や同僚に聞ける雰囲気です。

各ソリューションの専門家が揃っていて、クライアントの固有の課題に対し、チームで問題解決を図れる

会社の魅力と課題は何ですか?

中堅企業でのコンサルティングに携われることです。自分1人では縁がないような、企業へのコンサルティングが可能な点です。また、各ソリューションの専門家が揃っていて、クライアントの固有の課題に対し、チームで問題解決を図れる点も魅力です。
海外マーケットに向けた商品、ソリューション開発が今後の課題です。