大垣夏海写真

自分を高めていきたい人

コーポレート本部
財務部 主任

大垣 夏海

「勉強は好きですか?」という質問が印象に残っています

転職したきっかけを教えてください。

新卒でWeb関係のベンチャー企業に営業として就職しました。その後、経理に人手が足りないことから経営学部の会計コースを専攻していたこともあり、経理に異動しました。その後1年半ほど一般的な経理業務を経験し、より多くの経験を積みたい、更にスキルアップしたい、と思うようになりました。
また、より見本になる人、尊敬できる人がいる環境で、専門性を高めたいとも思うようになりタナベ経営へ転職しました。面接では「勉強は好きですか?」と訊かれたのが印象に残っています。入ってからも勉強して自分の力を伸ばしていける会社なのだろうと思い、入社を決めました。

実際に入社してみて、いかがですか?

面接で想像した通り、勉強熱心な人が多い会社だと思います。セミナーを積極的に受けたり、資格の取得に力を入れたり。自分ももっと勉強しなければと良い刺激になります。
また上司の言葉に一貫性があるから、すごく信頼できます。先輩社員も私のことをよく気にかけてくれるので、そういった信頼できる人、尊敬できる人が周りに多くとても働きやすい環境です。

大垣夏海写真

社員一人ひとりに対する期待がやる気につながる

現在の仕事内容は?

会計のなかでも、経営に必要な数字を扱う管理会計を担当しています。幹部会議等で使う資料作成も担当しています。前職では経験していなかった業務ですが、上司からわかりやすい説明があるので、着実にステップアップできているのを実感できます。
管理会計は、事業部単位の数字を見るので、他部署と連携することも多くあります。どの部署もコミュニケーションをとりやすい人ばかりなので楽しいです。

そのほか、どんなところに魅力を感じますか?

日々の業務では、すべての計算が終わりデータを落とし込めたときに達成感が味わえます。経営に必要な情報を提示できるという点も面白く、会社のどの部分に強みがあり、どこに課題があるのかが明確にわかって興味深いです。
四半期に一度、決算の処理が終わったあとの会議には、財務部のメンバー全員が参加し、分析結果を踏まえて社長と話す機会が設けられています。社員一人ひとりに対する期待が直接感じられ、やる気につながります。

職場環境はいかがですか?

メリハリをつけて仕事ができる職場です。先輩の女性社員には、育休や産休を活用される方もいます。
男女ともに長く働き続けている人が多い分、年齢層も幅広いですし、様々な人と話すことは勉強にもなります。同世代のメンバーとつながりもあるので心強いです。同世代のメンバーと食事会をするなど、いいリフレッシュになっています。

結果の分析はもちろん、改善策の提案までできるように

今後の目標は?

少しでも会社の役に立てるよう、スキルアップしていきたいです。まだ簿記の資格しか持っていないので、もっと幅広い知識を身につけていきたいです。上司から「まずは財務諸表論を学ぶといい」とアドバイスを頂いたので、資格取得に向け頑張っているところです。外部セミナーの受講を推奨してくれているのもありがたいですね。
今は数字をまとめる担当で、その結果に対する分析は上司が行っています。ゆくゆくは自分も担当できるようになりたいと思っています。今あるものをより良くするなど、自分発信で何かができればいいなと。見込みと実績の差が出たとすれば、なぜそうなったのか。部署によって利益率が違うという課題はどうクリアすればいいのか等、掘り下げていきたいです。

自分を高めていきたい人

性別や年齢、社歴に関係なく、やりたいと手を挙げた人に仕事が任される会社です。自分次第で、仕事の幅をどんどん広げていけます。先輩社員が直接指導してくれるエルダー制度があるので、何かあればすぐに相談もできて安心です。
もっと知識を身につけたい、スキルアップしたいという向上心のある人には、恵まれた環境だと思うので、ぜひ挑戦してみてほしいです。みんなで一緒に、高め合いましょう。