中須悟写真

チャレンジ精神旺盛な人は、
最大限バックアップします

経営コンサルティング本部
九州本部
経営コンサルティング部
副本部長
100年経営研究会

中須 悟

実務に付加価値をつけるには、コンサルティング能力が不可欠

転職したきっかけを教えてください。

もともと経営コンサルタントを志望していましたが、父親からコンサルタントになるなら財務・会計の勉強をしたほうがいいとアドバイスを受け、東京の会計事務所に就職しました。しかし会計事務所も税務代行だけでは付加価値がつけられずコンサルティング能力が求められ、やはり実務を通してスキルを上げたいと30歳を機に転職を決意し、タナベ経営へ入社しました。島根出身なこともあり福岡での募集に惹かれたのもありましたが、最終的には面接時に「業績責任さえ果たせば、やりたいことに何でもチャレンジしていい」と言われたことが決め手になりました。

転職後はいかがでしたか?

自由さがある半面、基本動作や業績責任に対する厳しさを実感しました。また、自分の仕事は自分で創造しなければ成長しないことに高い壁を感じました。 そんな中、今ピークと言われている事業承継の仕事も増えつつある段階だったので、先輩に学びながら展開していきました。最初は税務対策、特に相続税対策からのアプローチでした。しかし、経営全体から捉える事業承継が突破口になり、あるとき受注が一気に決まりだし、ひとつの壁をクリアできたと感じました。

中須悟写真

九州企業の成長をサポートして地域創生に貢献したい

現在の仕事内容は?

財務の専門性を軸に、総合的な事業承継の戦略を提案し、その実行を支援しています。事業承継というニーズに対して個別に対策を考えて提案していた内容が体系化できたので、今までの経験をまとめた書籍「オーナー経営者のためのホールディング経営」を出版したのですが、読者からコンサルティングの依頼があったり、講演活動を行なったりと、そこから派生した仕事が増えています。それまでほとんど九州だけで活動していたのですが、全国各地のニーズに対応することになり、仕事に広がりができました。

前職の専門性で活用できていることは?

事業承継においては税務が切っても切り離せない関係性にあるため、前職の知識と経験は大きいです。前職で事業承継の税務を教えてくれた先輩には感謝しています。 事業承継は税金の問題だけでなく、人の承継、事業の承継、後継体制づくりなど、幅が広い分野です。税務はOne of Themですが、経営者の関心が高いそこを入口にして、総合的に経営全体を捉えるのが我々のやり方です。最初は財務・税務しか知りませんでしたが、経験を積むことで領域が広がり、40歳を越えたぐらいから全体が見えるようになってきました。

九州本部について教えてください。

福岡を拠点に、九州7県と下関を担当しています。タナベ経営のなかでも歴史の古い拠点であり、これまで多くの経営陣を輩出してきました。「幹部候補生スクール」というタナベ経営の看板商品も、もとは九州でつくったもの。昔から新しい商品やサービスをつくって発信する文化があり、現在もそのDNAが受け継がれていると思います。
幹部・中堅社員が高い志で仕事をするので、若手社員も成長しています。若手教育の一環として、市場調査や事業分析なども実施。九州の特質や九州ならではのビジネスモデルをまとめ、経営者に発信する取り組みを行なってきました。現在では「九州創生プロジェクト」という名称で、さらに動きを拡大させています。

九州の地域性についてどう捉えていますか?

九州は高品質な農作物、自然や温泉といった観光資源、ホスピタリティあふれる人的資源など、経営資源に恵まれている一方でその良さをまだ全国に伝え切れていない部分もあります。だからこそ九州資源の付加価値を広く発信することを使命として、九州企業が成長する戦略を提言していきたいと思っています。メンバー全員が、九州企業の成長をサポートして地域創生に貢献したいという思いで仕事をしています。

めざすは事業承継におけるファーストコールコンサルタント

今後の目標は?

これまでは財務コンサルティングの専門性を高めてきましたが、今後は専門性を軸に持ちながらも経営を総合的・戦略的に見られるゼネラリストとして成長していきたいです。めざすは事業承継におけるファーストコールコンサルタント。事業承継ドメインにおいて一番に声のかかるコンサルタントになるのが目標です。それと同時に、タナベ経営を事業承継ドメインにおけるファーストコールカンパニーに成長させたいと思っています。
専門性を深掘りすると、逆に全体が見えてくるもの。そのことを若手コンサルタントたちにも、実践で示していきたいと思います。

チャレンジ精神旺盛な人は、最大限バックアップします

タナベ経営は自分のやりたいことがあれば、無限の可能性にチャレンジできる会社です。厳しさもありますが、その分確実な成長を体感できる会社でもあります。 九州本部も個性的な人間が多い一方で、チームワークの強い拠点です。誰もが成長できる土壌が培われていて、中途入社の方も、のびのびと力を発揮しやすいはず。チャレンジ精神旺盛な人は、最大限バックアップしますので、多くの志ある方にタナベ経営の門を叩いてほしいですね。