中尾泰彰写真

自分の価値基準が変わった

経営コンサルティング本部
九州本部
経営コンサルティング部 部長
教育・学習ビジネス研究会

中尾 泰彰

様々な業種のコンサルティングに携わる

私は今、様々な業種のコンサルティングに携わっています。当社は、「経営」のコンサルティング会社です。クライアントの抱えている課題を解決するための戦略をつくり、それを仕組みにして提案しています。中でも、営業現場に関してのソリューションノウハウは、実践主義を徹底しています。 私も以前はマネジメントパートナーズ本部で営業を経験し、そのときの成功体験をノウハウ化してクライアントにお伝えしています。自分自身が経験して成功したからこそ、自信を持ってクライアントに提案することができますし、クライアントから上手くいったと言っていただけたときは、さらなる自信につながります。

中尾泰彰写真

タナベ経営の豊富なノウハウ

当社の強み・誇れるところは、歴史だと思います。歴史というのは、年数だけではなく実績も伴っています。コンサルティング会社も様々あり、個人で経営している方もたくさんいます。しかし、一人ではやはり限界があります。タナベ経営の歴史の中であらゆる業種のコンサルティングを経験している当社には、豊富なノウハウがあります。 そのノウハウをいかした提案ができる。それが実績となってクライアントからの信頼につながっているのだと思います。その歴史を壊さず、さらに実績という名の歴史を積み重ねていくことが、これからの私がやるべきことです。

自分の価値基準が変わった

私がお会いするクライアントには、たとえば銀行の理事、企業の社長など、私よりも目上の方がたくさんいらっしゃいます。その方々に「我社のビジョンはどうでしょう」と聞かれます。その際、自分の目線で物事を見ていては、クライアントとのズレが生じてしまいます。経営する側の目線に立って初めて、問題点やそれに対する対策が見えてきます。 すると、自然に自分の価値判断の基準も上がりますし、あわせて聴く力、書く力、伝える力も身についてきます。そうして初めて、クライアントの成功への手助けができると思っています。