永易杏菜写真

その会社の素敵な色を「共に」作っていく

経営コンサルティング本部
大阪HRコンサルティング本部
人事研究会

永易 杏菜

日々少し背伸びした挑戦

学生時代と入社の決め手になったことは何ですか?

タナベ経営の1年は他の会社の3年(の経験・成長をする)。私の描くライフプランを踏まえ、若いうちに密度の濃い経験 を積みたいと考えていたので、会社説明会でこの話を聞いたときには、「タナベ経営の面接を受ける。」と決めました。 実家の近くで就職するものだと思っていた両親からは引き止められましたが、この決断に後悔はしていません。 色々な会社の同年代と接する機会がありますが、経験することの質や量、スピードは圧倒的だと感じています。

永易杏菜写真

クライアントもタナベ経営の仲間も私自身も、安心して幸せに働く

入社してからこれまでのキャリアと今はどんなことに力を入れていますか?

今は主に人事制度構築のご支援をしています。幅広い世代が集まり、様々な価値観・バックグラウンドを持ったクライアントの社員の皆さまが、どうすればモチベーション高く、安心して幸せに仕事に向き合えるのか・・・。そんな環境づくりを追求したいと思っています。
労働基準法や働き方改革関連法など、守らなくてはならないルールの理解・遵守はもちろんのこと、クライアントの課題解決やお悩み解消のために、身近な相談相手になれるよう、話を聴き受け入れることを心掛けています。

その会社の素敵な色を「ともに」作っていく

この仕事の魅力は何ですか?

「これが絶対」「これでOK」という答えがないので、クライアントへ示す資料として、「これは適切なのか」「私が発言した内容は大丈夫なのか」と悩むこともあります。しかし、クライアントとともに案を出し合い、ベストな解決策を見つけていくことは、プレッシャーの反面、この仕事のおもしろい部分だと感じています。
100の会社があれば100の色がある。タナベ経営が、ある一色に塗るのではなく、その会社の素敵な色を「ともに」作っていくことを心掛けています。

安定してお声がかかる存在に

これから挑戦してみたい仕事と今後どんなキャリアを築いていきたいですか?

まずは今の業務領域を深めることが第一と考えています。それから「経営」という視野で様々なご支援ができればと思います。
その為にも、様々な経営者や業種・職種の方に会い、丁寧なお話することで自分の引き出しを増やしていきたいです。
将来的には「〇〇といえば、私!」と顔が思い浮かぶような存在になりたいですね。

仕事は仕事の時間でやりきる!

仕事とプライベートをどのように工夫して両立していますか?

時間のけじめは自分の中できっちりとしています。例えば、「20時以降はスマホ、パソコンを開かない」「土日は仕事しない」など。
もちろん急なトラブルには対応できるようにしていますが、基本的には仕事の時間とそれ以外は自分の中で線引きをしています。
また、ズルズル残業をせずにできるだけ定時で帰れるよう、1日に1回はスケジュール帳を開き、行動予定の見直しをしています。いつまでに何をしなくてはいけないから、これはいつやる…というように、2,3日先を先取りして資料作成などを行っています。

タナベの志+それぞれのバックボーン

職場の雰囲気(どんな先輩・後輩や同僚がいるか等)を教えてください。

表現の仕方や内容は様々ですが、「お客様のために何ができるか」という根幹はぶれない皆さんだと思います。タナベ経営は新卒入社・キャリア入社ともに、色々な武勇伝を持った社員が集まっていると感じます。そのため、新メンバーが入ってくる時期は私も含め、どんな人が加わるのかワクワクしています。個人のキャラクターがはっきりしているからこそ、1つの方法にとらわれない解決策が見つかるのかもしれません。