村上知写真

ビジネスドクターという考え方に共感

経営コンサルティング本部
ファンクションコンサルティング本部
ホールディング経営研究会

村上 知

ビジネスドクターという考え方に共感

入社前の経験と入社の決め手について教えてください。

前職では銀行員として中小企業への融資業務を主体業務としておりました。銀行員として資金という企業の生命線に関わることができることに面白さを感じつつも、融資ができず倒産してしまう企業も数多く目の当たりにし、資金面でしか支援できない立場に歯がゆさを感じていました。そのような思いの中、タナベ経営のコンサルタントは企業を救う医師“ビジネスドクター”である、という考え方に強く共感し、この会社でひとつでも多くの企業を救うことできる人間に成長したいと思い、入社を決めました。

村上知写真

財務部門のプロになる

入社してからこれまでのキャリアと今はどんなことに力を入れていますか?

入社後すぐに企業再生における再生計画立案のコンサルティング案件にアサインされました。入社時の思いをすぐに実践に移せる機会を得られたことに感動したことを今でも覚えています。それ以降も財務コンサルタントとして企業の収益構造・財務構造の分析・戦略立案を担当しております。今は財務のプロフェッショナル人材になることを目標に、特にホールディング経営体制構築や業績向上を実現させる業績管理手法の知識・ノウハウ習得に力を入れて取り組んでおります。

業績向上に関わることができることの魅力

仕事の面白い部分、難しい部分を教えてください。

企業の業績向上に関わることができることがこの仕事の魅力です。数値面から見て業績を変えることが財務コンサルタントの使命であり、業績を変えられたと感じたときが最も喜びを得られる瞬間です。
仕事の速さが求められることが難しい部分です。複数のクライアントを担当する中で、速さと質の両方を追求する必要があるため、段取りよく仕事を進めることが求められます。

現場でのコンサルティング活動がメイン

主な1日のスケジュールを教えてください。

基本的にはクライアント先に訪問し、現場でコンサルティング活動をすることがメインとなります。
コンサルティング活動の合間に、クライアントに提示するディスカッション資料や分析報告資料を作成します。また、チームでコンサルティングを進めるため、社内でのミーティングも重要な時間となります。

チームコンサルティング、「専門性×総合力」で危機を乗り越える

大変だった仕事は何ですか?どのように乗り越えましたか?

大変だった仕事のひとつに再生支援先の資金繰り立案があります。業績が悪化し、赤字に陥っている企業の多くが資金繰りの問題に直面します。業績改善の計画を立てて、会社が立ち直る兆しが見えたとしても資金繰りが維持できなければ企業は生き残ることができません。その時は、財務部門だけで対策を練るのではなく、工場に関わる生産部門や販売に関わる事業部門など、複数の部門から知恵を出し合うことで危機を乗り越えました。タナベ経営では、複数の専門分野のコンサルタントでチームを組み、「専門性×総合力」でクライアントに向き合いました。

困難だと思える仕事に挑戦し続ける

成長を実感したエピソードを教えてください。

入社当時に業績不振先の現状認識資料の作成を一挙に任されたことがあります。クライアントによって経営課題は異なるため、提示する資料も定型のものがあるわけではございません。よって、どのような視点でどのような提言を織り込むかを、考えに考え抜いて作成しました。過去の資料を読み込んだり、上司・先輩に相談しながら作り上げた資料を基に、取引先へ報告しました。結果、「今まで見えていなかった自社の課題が漸くはっきりと掴むことができた」という言葉を頂いたときは、仕事のやりがいと自身の成長を実感できた瞬間でした。自分の能力の範囲内で仕事に取り組むのではなく、困難だと思える仕事に挑戦することが成長への近道だと身に染みて感じました。

クライアントを的確に診断する課題発見力

入社して身についたスキルは何ですか?

クライアントの課題や問題を的確に捉える課題発見力が身につきました。クライアント自身が本質的な経営課題を捉えられていないケースも少なくありません。コンサルティングをクライアントに対する「治療」と捉えるのであれば、ビジネスドクターとしてはまずクライアントを的確に「診断」することが重要になります。資料からの分析だけでなく、ヒアリング、現場実査等を通じて、クライアントの課題を的確に把握・共有することから、課題解決に向けたコンサルティングを進めるようにしております。

高い専門性とわが事と捉えるマインド

活躍しているコンサルタントはどんなスキルとマインドがあると思いますか?

周囲で活躍しているコンサルタントは、「高い専門性」と「クライアントのことを『わが事』と捉えるマインド」を兼ね備えている人だと思います。クライアントに価値提供するためには、クライアントが正しい経営判断をするための判断材料を提供するために専門性が欠かせません。また、あくまでクライアントのことを「わが事」と捉えて経営者に寄り添うことが、信頼関係を築き頼られる存在になるために必要なマインドになります。

休日のなかでも仕事とリフレッシュのメリハリを

仕事とプライベートをどのように工夫して両立していますか?

コンサルタントとして休みの日でもクライアントのことを考える時間や、翌週の業務の整理をする時間は必要だと考えています。よって、休日の中でも仕事に向き合う時間と、リフレッシュのための時間をしっかりと切り替えることを大切にしています。 家族や友達とリフレッシュをしています。

入社歴や年齢に捉われることなく率先して行動する

どんな人材に入社してほしいですか?

タナベ経営では入社後すぐに活躍する場を与えられる一方で、与えられた仕事をこなすというよりは、常に自ら考えて率先して行動することが求められます。特にチームでコンサルティングに臨むため、チームの誰かがやってくれるというスタンスではなく、気付いた人が声をあげることが大切になります。入社歴や年齢に捉われることなく、率先して行動できる人は周りから自然と信頼されるコンサルタントになり、入社後も長く活躍できると思います。