小菅大貴写真

目に見える形の社会貢献
クライアントの結果が出るまで

経営コンサルティング本部
九州本部 人材開発コンサルティング部
人材開発研究会

小菅 大貴

「タナベ」に決めた理由

「自分自身が商品として活躍できる」、「目に見える形で社会貢献ができる」これは私がコンサルティング業界を選んだ理由です。さらに経営者の方々と接することで、自己成長にもつながる経営コンサルタントという仕事に強く惹かれるようになりました。当社に入社を決意した理由は2つです。
1つ目は、クライアントの結果が出るまでお付き合いし、一方的でない実践主義ということです。2つ目は、入社後数年間は、コンサルティングをするために必要な基礎的な能力や、ビジネス経験を積めることです。一般的なコンサルティング会社では、即戦力としてキャリア採用を主としているため、新卒としてコンサルタントを目指す私たちにとって、この期間はとても意義のあるものだと思っています。この2つから、「ここで働きたい!」と決意しました。

小菅大貴写真

先行管理能力が身に付いた

人材開発セミナーの準備を行っていく中で、先行管理は非常に大切です。私はいつまでに備品を準備する、というリストを作成し、それを自分の手帳に落とし込んで、一つ一つ消化していくことを入社時から続けています。結果、ミスをすることがなくなりました。
また、セミナーの準備以外の場面でも、スケジュール管理がスムーズにできるようにもなりました。何事も先を見越して行動することは大切ですし、マネージャークラスになった時にも、必要な能力だと思います。

目標にできる先輩がたくさんいる

先輩社員はいい意味で個性があり、それぞれ違った考えを持っているのでおもしろいです。考えが違うときは、どう違うのかまで深く掘り下げて話を進めています。受け身の人はいません。皆それぞれが行動を起こしていて、切磋琢磨しています。また、非常に丁寧な指導をしてくれます。
こちらからアクションを起こせば、筋道を立てて、私が理解するまで説明してくれます。口だけではなく、行動でも示してくれるので、身につきやすいですし、自分の反省点や改善点にもすぐに気付くことができます。目標にできる先輩がたくさんいるのは、当社の魅力だと思います。

就活生へのメッセージ

現在何をしていいかわからない方、志望する業界が決まっていない方は、合同説明会に足を運び、様々な企業を見聞きするのも一つの方法ではないでしょうか。私も最初は志望する業界を迷い、合同説明会などで幅広い業種を見て回っていました。
その中で、少しでも「ピンッ!」と来た業界や企業の説明会になるべく多く参加し、本当に自分がこの業界・企業で仕事がしたいのか、本当は自分が何をしたいのかということを見極めて下さい。さらに大切なことは、「直接話をすること」。人事の方や社員の方となるべく多く話をすることで、その企業の実態を知り、雇用のミスマッチを減らすことに繋がります。就職活動は大変だと思いますが、「自分ならどうにかなる!」と自信を持って、楽しみながら頑張ってください。