小林宏輝写真

クライアントと自分への
厳しさの追求

経営コンサルティング本部
九州本部
経営コンサルティング部
建設ソリューション成長戦略研究会
ナンバーワンブランド研究会

小林 宏輝

タナベ経営でなければできない仕事

高いレベルで仕事が出来る会社だと感じています。現在※私は人材開発コンサルティング部門のリーダーをしています。部署ごとに普段の生活では目にすることのないような金額の売上目標があり、これをいかに達成するのかを考えなければならない立場です。
また、セミナーの動員目標を達成するために、メンバーにどう動いてもらうか戦略を立て、さらにはどのようにしてセミナーの品質を上げていくのかということも考えています。責任は大きいですが自分が「こうしたい」と思ったことを、論理立てて説明できれば、実行に移せる環境があります。若い時から仕事を任せてくれるタナベ経営でなければできない仕事だと感じています。
※2018年より経営コンサルタントとして活躍中

小林宏輝写真

仕事のやりがい・達成感

仕事のやりがいは、「自分が会社に必要とされていると思えること」、「仕事の達成感」、この2つです。多くて月に3、4本程度のセミナーが入り、さらに営業活動や勉強会などがあり、なかなか過密なスケジュールになる時もあります。
そのなかで自分の役割を発揮する場面が驚くほどにたくさんあります。そこで自分の存在価値が実感できます。また、その過密なスケジュールを終えたあとは達成感が大きいです。

恵まれた仕事環境

「限界を自分で決めるな」と先輩からよく言われます。 しかし、休む時はしっかり休む、メリハリがある会社です。また、先輩社員は、この分野では「この人!」と言えるくらい様々な分野で秀でた能力を持つ人が多いです。
人間関係を築くのがすごく上手な人もいれば、特定の分野に関して専門性の高い人もたくさんいますので、困っている時に助けを求めることができる環境があります。

クライアントと自分への
厳しさの追求

企業を愛することはクライアントに迎合し、仲良くなることではありません。時には経営者が正しいと考える事に対し、経営の原理原則・法律などと照らし合わせて間違っていると判断すれば指摘をしなければなりません。コンサルタントには本気で会社・経営者・社員を良い方向へ導くという強い信念、時には嫌われる勇気が求められます。
その意味で企業と人を愛するためには自分自身の甘さを捨てる事と、クライアントに対して厳しい目で見ることが大切だと思います。もちろんその判断をするためには十分な現場経験と知識が求められますが、タナベ経営では 60 年間蓄積したコンサルティングノウハウと実績があります。本気で会社を良くしたい・日本を元気にしたいと願う方はぜひ一緒にタナベ経営でチャレンジしましょう。