庄田順一写真

試行錯誤をしながら未経験の領域への挑戦

マーケティングコンサルティング本部
東京本部 本部長
“刺さる”プロモーション研究会

庄田 順一

変化する環境

入社してからこれまでのキャリアと今はどんなことに力を入れていますか?

入社当時よりマーケティング・プロモーション領域の業務を中心に従事しています。現在ではリーダーとして「刺さるプロモーション研究会」を立ち上げました。また専門領域を住まいと暮らし業界として、日々クライアントのマーケティング・プロモーション課題に取り組んでいます。

庄田順一写真

周りに助けてもらって成長

入社前に不安にだったことはありますか。

自分がクライアントにしっかりと価値を提供できるのかという点です。
すぐには解決できず、3年間は目標未達でした。今思えば、クライアントの本当の声を聞けていなかったと思います。
クライアントや周りの人に助けられ育ててもらい、それでやっと自分の課題に気がつくことができたのだと思います。

機会損失は目に見えない大きな損失

仕事で失敗し、学んだこと、成功したことについて教えてください。

クライアントへの提案が遅れ、提案そのものができなくなってしまったことがありました。
原因は自分の認識の甘さであり、クライアントの検討に間に合うことができませんでした。
その時、上司からはチャレンジしなかった姿勢そのものが課題であると指摘され、機会損失はクレームと違い目に見えない大きな損失であると学びました。

不安から充実感に一気に変わった

やりがいを感じるのはどんなときですか?

BtoBのクライアントが、事業拡大のためBtoCへのアプローチを開始した事例がありました。
BtoC向けのマーケティング・プロモーションが初めてということもあり、戦略の構築支援から実行推進まで支援していくことになり、様々なプロモーション施策を実施していく中で、集客のための大掛かりなイベントを開催することとなりました。
事前準備段階から多くのスタッフが動いており、ここまでやって当日は本当にお客様が集まるのか不安だと担当からも漏れ聞こえてくるほど不安の多いスタートでしたが、開場時間になると予想を上回るお客様が来場し、駐車場はすぐにいっぱいになりました。
対応スタッフの顔が、不安から充実感に一気に変わったのを感じました。おかげで対応は大変でしたが、終了後は社員の意識も変わったとクライアントから感謝のお言葉をいただきました。この瞬間こそ、やりがいを感じた瞬間です。

成果で応えることのできるコンサルタント

これから挑戦してみたい仕事と今後どんなキャリアを築いていきたいですか?

私たちが対峙する経営者はとても志が高く、社会に価値を伝えるために情熱を燃やしています。
そのクライアントが抱えるあらゆるマーケティング課題に対して、成果で応えることのできるコンサルタントとなることが今後の目標です。
その為にはクライアントとタッグを組んで現場と向き合い、解決へと導いていく必要があります。

試行錯誤をしながら未経験の領域へ挑戦

成長を実感したエピソードを教えてください。

若いうちから様々な企業のコンサルティングに携われること自体が自身の価値を高めていると感じていますし、結果、そのことからクライアントからの信頼もいただけています。
試行錯誤をしながら未経験の領域のコンサルティングを積み重ねてきたことで、見えている世界や描ける戦略が、自分の強みだと自負しています。

1年後・3年後の成長を見据えて

会社の魅力と課題だと感じていることは何ですか?

魅力と感じているのは人材開発です。課題に対してチームで取り組む中で、新人ベテラン関係なく、顧客視点で課題解決に向けて議論をしています。
チームマメジメントの中で、自身の成長へ意欲高く取り組める環境を作り出すことで人が育つことが可能だと考えます。