伊藤舞写真

「多くのなかの一社」だと
思わせないことが絶対的な信念

SPコンサルティング本部
東京本部 主任
"刺さる"プロモーション研究会

伊藤 舞

商品だけではなく、
“人”という付加価値で商売がしたい

就職するにあたり、タナベ経営を選んだ理由は?

大学時代、外資系のアパレルショップでアルバイトをしていましたが、当時から目標を立ててクリアしていくことにやりがいを感じていました。他店との差別化を、“私”を通じて図ったところ、お客様との信頼関係が築けて再来店が増えたんです。その経験から「商品だけではなく、“人”という付加価値で商売がしたい」と思うようになりました。
そんな願いを叶えられそうだったのがタナベ経営です。挑戦意欲の高い社風だったことに加え、就職活動時に聞いた「仕事は楽しくないとだめ」という言葉が印象的で、ここなら目標に向かって楽しみながらチャレンジできそうだと感じました。

実際に入社してみてどうでしたか?

今や多くのことがAIでできる時代。価格勝負なら営業マンは要らないし、人で価値をつけられないなら事業部も必要ないという上司の言葉を聞き、選んで正解だったと思いました。
現在は全社的にチームコンサルティングに力を入れ、各部門のスペシャリストたちがタッグを組んでお客様の課題解決にあたるなど、より高い付加価値を生み出そうと努めているので、活躍のフィールドがますます広がりそうです。

伊藤舞写真

“業者”ではなく“パートナー”として
頼られるうれしさ

現在の仕事について教えてください。

メインはクライアントに合わせたノベルティグッズの提案です。販売促進や認知度向上など、何を目的としているのか、どんなターゲットを狙っているのか、予算はいくらなのかといった条件を伺い、商品の企画提案から納品までのマネジメントやディレクションをしています。

どんなことに苦労し、どう立ち向かいましたか?

配属後の3カ月間は先輩に同行してノウハウを学びつつ、その間も新規開拓にチャレンジしていましたが、最初はとにかくアポイントをとるまでが大変でした。展開しやすい業界、ノベルティが必要となる展示会の情報などを先輩から聞き、地道にアタックを重ね、次第に開拓できるようになっていきました。
2年目までは必死に取り組んでいましたが、3年目になると撒いたタネが次々に芽吹き始めたというか。仕事依頼の電話がよくかかってくるようになりました。真っ先に自分を選んでもらえることで喜びも倍増します。

仕事をするうえで、心がけていることは?

どのお客様にも対応を変えないことです。ありがたいことに、担当の方が他部署の方に紹介してくださるケースも多いです。それがたとえ小さな案件であっても、しっかり丁寧に対応して、また「伊藤さんがいいよ」と推薦してもらえるようにする。その繰り返しで仕事を広げられるよう、ご縁のあった人の案件には全力投球するようにしています。
フォローを続ければチャンスはあります。それを逃さないためには、常にアンテナを張っておくことが大切。眠っている案件はたくさんある。困ったときのパートナーになれるよう、細やかなフォローを欠かさないようにしています。

仕事のやりがいや魅力を教えてください。

“業者”ではなく“パートナー”という感覚で頼っていただけるとうれしいですね。納期まで時間がないなど、たとえ難しい案件でも諦めずにヒアリングして、どうにかできる方法を考える。全力を尽くしても無理なら納得していただけますし、なんとかできればとても感謝していただける。「伊藤さんがいてくれて良かった」なんてお言葉がもらえると最高です。
先輩方が培ったパートナー企業とのつながりがあり、全くのオリジナル商品をゼロからつくれるのも面白い。「これは欲しくなる」「便利で役に立つ」「うちのお客様にぴったり」など認められると自信がつきます。お褒めの言葉や感謝の言葉をいただけることが多い、幸せな仕事です。

より多くのお客様にとってのパートナーになりたい

印象的な仕事のエピソードを教えてください。

これまで価格勝負でしか開拓できていなかったお客様の担当になり、初めて大型案件がとれたことです。オリジナルキャラクターをデザインしたSPツールを提案したところ、とても感心していただき採用に至りました。
仕上がりも大好評で、タナベ経営にとっても新たな開拓につながりうれしかったです。

今後の目標は?

より多くのお客様にとってのパートナーになりたい。困ったとき私に連絡してくれるお客様であふれるようにしたいです。会社としては提供できるコンサルティングメニューはたくさんあるので、私についてくださっているお客様に紹介できるようになりたい。
チームで動くことでお客様の信頼度も増しますから、戦略的に動いて“人ありき”の展開を広げていきたいです。

就職活動中の皆さんにメッセージを!

企業ごとの特徴をよく見て、疑問が残らないレベルになるまで質問するようにしましょう。現状だけでなく、その会社がどういう変化と成長を求めているかをちゃんと理解して、それを自分が望んでいるのか、それに自分が対応できるのかを判断してください。
特にタナベ経営のように挑戦し続ける企業は、めざす方向性を知ることが大事。それが自分と合致すれば、もてる力や個性を存分に発揮できると思いますよ。

「多くのなかの一社」だと思わせないことが絶対的な信念

お客様に喜んでもらえる情報を発信できるよう、引き出しを増やし続けることが私なりの奉仕です。休みの日に買い物をしていても、店頭の表に出されているプッシュ商品やその周辺商品を見て、情報を収集。陳列を見れば消費者の方に今どんなものが人気で、何が売れ筋なのかがわかりますからね。
お客様の業界や競合他社の情報も、入手できる限りは頭に入れるようにしています。他社がどんなグッズを何個つくっているかはお客様も知りたいでしょうし、こちらからの提案の材料にもなる。業界情報に関してはお客様のほうがご存じでしょうが、関心をもって勉強しているだけでも信頼を得られます。お客様に「自分たちの会社は、伊藤にとって多くのなかの一社」だと絶対に思わせないことが私の信条です。