井村孝子写真

「こうなりたい」と台本を書くのも
舞台に上がるのも自分次第

経営コンサルティング本部
新潟支社
コンサルティングサポート部
課長代理

井村 孝子

出産を機に、新しい仕事に挑戦するチャンスをもらった

入社のきっかけを教えてください。

手に職をつけて働きたい、とビジネス系の専門学校で学びました。就職活動時、進路指導の先生からの勧めで、タナベ経営の創業者の書籍を読みました。そこには、自分にはまったく考えも及ばない仕事や人生に対する姿勢や知恵が詰まっており、心から感動したのを覚えています。
こんな立派な経営者のもとで働きたいと思ったのが志望の動機でした。

現在に至るまでの経緯を教えてください。

入社時は主にブルーダイアリーや書籍といった自社商品の受注や発送、売上管理などを担当していました。出産を機に、当時の拠点長から新しい仕事をしてみないか、と声がかかりました。以前からタナベ経営が主催するセミナーの運営には従事していましたが、その前段階であるお客様に、セミナーをご案内するところからやってみないか、とチャンスをいただきました。まずはコンサルタントの上司に同行しながらノウハウを学び、徐々に顧客を拡げていきました。

井村孝子写真

「この会社にとって、どうすればメリットになるか」を深掘りする

現在の仕事内容は?

支社全体の動きを見て、メンバーのサポートをしています。コンサルタントに橋渡しをする形で、顧客へ提案も行ないます。セミナーやお客様の会社で研修会の講師を務めることもあります。学生時代に秘書検定を取っていたこともあり、入社早々からマナー講習を担当していたので、今まで多くの経験を積んできました。礼儀作法の指導や新入社員研修などでご指名をいただくこともあります。

仕事のやりがいを感じるのはどんなときですか?

タナベ経営の考えや自分の思いをお話してお客様に共感していただけたときや、自分の提案が認められて実現できたときです。印象深かったのは、やはり初めての提案が実現したときです。オリジナルツールの「タナベ式性格テスト(PAT)」を提案し、商品の良さを知っている分「お客様の役に立つものだ」という確信をもってプレゼンができました。「良いものを紹介してくれてありがとう」というお言葉をいただき、今もお付き合いを続けて頂いています。
自分がきっかけとなり、継続的にお付き合いしている会社が増えていくのも本当にうれしいです。「さすがタナベさんだよね」と言っていただけると誇らしく思います。

仕事をするうえで、心がけていることは?

お客様それぞれに合わせてカスタマイズしていくことです。
例えば一社単位で教育研修を行う場合は、通り一遍のことだけを話すのではなく、「この会社にとって、どうすればメリットになるか」を深掘りするようにしています。事前の打ち合わせで、研修の対象となる人の業務の特徴をヒアリングしたり、マナー研修の場合なら実際の対応方法を確認しながら、実態に合わせた設計をするようにしています。

新潟支社について教えてください。

「新潟の創生」をテーマに掲げ、一丸となって頑張っています。お客様の会社が潤っていかなければ人も採用できませんし、雇用を生まなければ地域も活性化しません。地域活性化のお手伝いができるコンサルタントは、大変ですが、とても魅力とやりがいのある仕事だと思います。

これだけ積極的になれたのも、タナベ経営に入ったからこそ

今後の目標は?

入社3年目の年に主任になりました。その頃から「自分には何ができるだろう」と考えるクセが付きました。コミュニケーションをとることは好きだったので、コンサルタントのメンバーとお客様との橋渡しをしていければ…と考えるようになり、その思いは今も変わっていません。
何に対しても「ノー」とは言わないことがモットーなので、まずは前向きに何事にも挑戦したいです。仕事の幅も広げていきたいです。これだけ積極的になれたのも、タナベ経営に入ったからこそだと思います。
女性の持ち味を活かしながら、人の気持ちに寄り添って、これからも橋渡しをしていきたいと思います。

「こうなりたい」と台本を書くのも舞台に上がるのも自分次第

タナベ経営に入る人は、志が高く、「こうなりたい」という理想像の明確な人が多いかと思います。その台本を書くのも舞台に上がるのも自分次第です。ステップアップの道を支援してくれる会社です。チャンスはみんなに平等です。能力があるだけでなく、能力を活かすバイタリティのある人なら、活躍できます。新しいことにチャレンジし続けている会社なので、どんどん挑戦してもらいたいですね。