林崎文彦写真

真剣に顧客と向き合ってきた経験は必ず活かすことができる

経営コンサルティング本部
北陸支社
経営コンサルティング部 部長
ナンバーワンブランド研究会

林崎 文彦

真剣に顧客と向き合ってきた経験は必ず活かすことができる仕事

入社前の経験と入社の決め手について教えてください。

前職では、中堅印刷会社の営業職として働いていました。仕事柄、様々な業界の経営者にお会いすることも多く、その接点の幅を更に広げたいと想いタナベ経営に入社しました。また、自分の強みを活かした専門性を磨ける仕事としても迷わずこの仕事を選びました。コンサルタントという仕事がなかなかイメージできない人もいるかもしれませんが、今まで真剣に顧客と向き合ってきた経験は必ず活かすことができる仕事です。それが繋がった幸せを日々感じながら仕事をしています。

林崎文彦写真

全国のコンサルタントのノウハウを身近に感じられ自身のスキルアップに繋がっている

入社してからこれまでのキャリアと今はどんなことに力を入れているかを教えてください。

入社当初は、前職の経験を活かした営業の分野をメインとして携わってきましたが、様々な案件を経験したことで、新規事業開発、中期経営計画の策定、中堅幹部育成など、提供できる価値の幅が広がりました。また、専門分野をさらに磨くため、研究会を通して全国のコンサルタントのノウハウを身近に感じられ、自身のスキルアップに繋がっています。現在は、ブランド構築支援、人材開発体系、動画を活用した技術伝承など、クライアントのニーズに合った価値を提供できています。

共感・共想・共育

この仕事の魅力は何ですか?

クライアントとの課題を共通認識し、解決していくプロセスをクライアントの経営者に評価いただいたときです。「変わった」とか「さすがだね」という言葉は最高の勲章です。現場で起きる様々な課題を、クライアントとともに悩み、ともに考え、ときにはタナベ経営のメンバーにアドバイスをもらいながら解決していくプロセスに一番魅力を感じます。そのひとつひとつの経験を通して、顧客が顧客を生み出す善循環を体感することができます。

現場の機微

活躍しているコンサルタントはどんなスキルとマインドがありますか。

常にAll for our clients。経営の結果に責任を持ち、全力をかけて実践するコンサルタント。
現場を知らず、本に書いてあることをただ知っている評論家ではなく、現実・現場・現品主義でニーズに合った具体的な対応ができるコンサルタントであると考えます。

尊重しあう仲間

仕事とプライベートをどのように工夫して両立していますか?

良い仕事をする上で、家族の存在は欠かせません。プライベートが充実しているからこそ、良い価値をクライアントに提供できるのです。プライベートを重視している社員も多く、お互い尊重し合っているので、家族の時間を犠牲にしてまで仕事をしなければいけないということは少ないと感じています。普段の仕事をしっかり行い、その価値を認めてもらっていれば、自分のプライベート時間を阻害されることはありません。

切磋琢磨できるメンバーが多くいる

職場の雰囲気を教えてください。

現在、多くのクライアントにコンサルティング価値を提供できている背景に、チームの存在は欠かせません。一緒に仕事をする中で、様々な気づきもあります。自分に無い価値を提供してくれることで、私自身のスキルアップにもなり日々勉強になります。また、チームで価値提供することで、自分のスキルを客観的に整理することもできます。そんな切磋琢磨できるメンバーが多くいます。