古田勝久写真

子どもたちに明るい将来を残していきたい

経営コンサルティング本部
九州本部
経営コンサルティング部 部長
戦略採用研究会

古田 勝久

子どもたちに明るい将来を残していきたい

入社前の経験と入社の決め手について教えてください。

学生時代から「人」に興味があり、前職までは、人材開発・採用・人事に関する業務に約10年携わってきました。その間もコンサルタントという職業には関心があったものの、「現場を知っているコンサルタントになりたい」という想いで、製造業を中心に10年過ごし、コンサルタントという職業への転職を決めました。同時に、そのときには私自身に新たな家族も増えており、「会社が元気になる、街が元気になる」ことを通じて、「子どもたちに明るい将来を残していきたい」という使命感が強くなっていました。そこで、数あるコンサルティング会社の中でも「経営×地域」という軸を持ったタナベ経営へ入社したいと思い、門戸をたたく決意をしました。

古田勝久写真

「会社の業績が良くなった、社員が成長した」を同時に実現するために

入社してからこれまでのキャリアと今はどんなことに力を入れていますか?

人事に関するコンサルティングでは「ヒト」に関する様々な課題を発見し、解決策を見出すプロとして期待されます。しかし、人事と一言で言っても、その領域は非常に広く、複雑に絡み合っています。また、制度を作るだけでは人・組織は動かないため、運用まで見据えた制度設計を心がけるようにしています。結果として、「会社の業績が良くなった、社員が成長した」を同時に実現するために、インプットした知識を、知恵としてアウトプットできるように日々の研鑽を大事にしています。

「ヒト」と会う大切さ

主な1日のスケジュールを教えてください。

クライアントを訪問し、経営者へ人事制度案やコンサルティングの報告を約1~2時間でプレゼンします。その後、別のクライアントを訪問し、人事担当者や経営者とのディスカッションを行います。夕方頃に帰社後、その日に訪問したクライアントからの指摘などを資料にまとめたり、社内での打ち合わせを行ったり、翌日の準備をします。人事に関するコンサルティングでは、やはり人に会うことが非常に重要だと思っています。そのため、経営者を中心に、幹部や従業員へインタビューすることも多々あります。

判断力

入社して身についたと思うスキルは何ですか?

一言で言えば「判断力」。人事に関することだけではなく、経営全体を正しく捉え、「ヒト」に関する様々な課題を見抜き、総合的に判断できる力が身についたと思います。人や組織に関する課題は、複雑かつ可視化できない事柄が多々あります。それらの枝葉に振り回されるのではなく、「問題の本質は何か」を捉える判断力こそがコンサルタントに期待される価値だと思います。その価値を発揮するためには「判断力」が必要であり、それを支えるリーダーシップや論理的思考、観察力も鍛えられていると思います。そういう意味では日々鍛錬、日々成長が感じられる仕事です。

プロフェッショナルマインド

どんな後輩に入社してほしいですか?

「プロ意識の強い人」と一緒に仕事がしたいと思っています。コンサルタントといっても、1人で何でも出来るスーパースターのような人は一握りです。それぞれが専門分野でプロとして知恵を出し合い、チームでクライアントに向き合っていくことができるのがタナベ経営の強みです。そういう意味でも、「自分の得意分野を磨き、プロとして成長し続けたい人」、「プロとして価値を発揮し人の役に立ちたい人」と一緒に仕事がしたいです。知識やスキルは入社後に学ぶことが出来ますが、プロフェッショナルマインドこそが全ての基盤となると思います。

エルダー制度とコンサルタントアカデミー

どんな研修(教育)やフォローがあり活用していますか?

入社後、配属先で1年間、先輩コンサルタントがエルダーとして指導してくれます。知識だけではなく、仕事の進め方、ときにはコンサルタントとしての成長につながる示唆を与えてくれます。エルダーは何年たっても人生の先輩のような貴重な存在になると思います。また、タナベ経営では、1人前のコンサルタントになるために必要な知識を現役コンサルタントから、動画や集合研修で計画的に学べる環境が「コンサルタントアカデミー」として整備されています。集合研修では、同時期に入社したメンバーとの人脈もでき、チームコンサルティングの基盤となる社内人脈も形成できます。