藤田奈緒写真

コンサルタントでなければ味わえない面白さ

経営コンサルティング本部
東京HRコンサルティング本部
戦略採用研究会

藤田 奈緒

経営者と対等にディスカッションができる

学生時代と入社の決め手になったことは何ですか?

大学では経営学科で会計を中心に学びました。就職活動をする中で、タナベ経営への入社の決め手となったのは、若いうちから経営者と対等にディスカッションができる、コンサルティングという仕事に興味を持ったのがきっかけです。

藤田奈緒写真

若いうちからチャンスのある環境

入社前と入社後で会社のイメージは変わりましたか?

入社前に想像していたコンサルティング会社は、ベテランのコンサルタントが表に立って活躍し、若手は分析作業を担当するといったイメージでした。しかし、入社してすぐに、トップ会の司会を担当させていただいたり、クライアント先へ1人でヒアリングに行ったりと、すぐに人前で話す機会を与えてもらい、戸惑いも感じましたが、若手でも頑張れば活躍のできるとてもやりがいのある仕事だと思いました。

コンサルタントでなければ味わえない面白さ

仕事の面白い部分、難しい部分を教えてください。

様々なクライアントに深く入り込む事ができます。あらゆる業界の働く楽しさや仕事の面白さを知る事ができます。これはコンサルタントでなければ味わえない面白さだと感じます。一方で、様々な業界の仕組みや仕事の内容を理解していなければ、クライアントとの会話やプロジェクトが成り立たず、難しい部分でもあります。

クライアントに寄り添い、プロジェクトと向きあい、距離を縮める事が大切

成長を実感したエピソードを教えてください。

まず、人前で話す事に慣れました。入社当時は、セミナーやコンサルティングの時に、多くの人の前で話すには口述がなければ不安がありました。また以前は、クライアントの前では失敗できないと堅くなる事が多かったのですが、仕事をしていく中で、まずはクライアントに寄り添い、プロジェクトと向きあい、距離を縮める事が大切だと気付きました。今は、クライアントから何でも話してもらえる関係性づくりを大切にしています。クライアントから、まるで自社の社員のように接してもらう事があると、「頼りにされているな」と実感します。

同期メンバーは、それぞれ得意分野を持って活躍しているコンサルタント

仕事で困ったときはどうしているか

仕事で困った事があると、まずは同期に相談します。同期メンバーは、それぞれ得意分野を持って活躍しているコンサルタントばかりなので、求めている情報を教えてくれたり、解決策のアドバイスをくれたりと、みんなで情報を共有しながら助け合っています。それでも解決しない時は、先輩や上司に相談をして、アドバイスをいただいています。

大変な事やうまくいかない事も楽しみながら、乗り越えていける人

どんな後輩に入社してほしいですか?

仕事をしていく中で、大変な事やうまくいかない事はあります。しかし、それも楽しみながら、乗り越えていける人と一緒に働きたいです。