藤井愛子写真

社長に直接提案できる会社

経営コンサルティング本部
中四国支社
人材開発コンサルティング部
尖端技術研究会
アグリビジネスモデル研究会

藤井 愛子

どこででも働ける力が身につく

入社のきっかけを教えてください。

大学卒業後に入った会社では、経理を担当しました。働いているうちに、「英語で会話ができるようになりたい」と思い1年弱、アメリカへ語学留学しました。帰国後は派遣会社に登録し、タナベ経営で働きはじめました。
経理以外の職務経験がなく、英語を仕事で使いたいと思っていたわけでもないので、「事務に近い職種で、いろんなことができるところ」で仕事を探しました。派遣会社の方に「タナベさんで働いたら、どこでも働ける力が身につく」と言われ、ちょっと気構えて挑んだことを覚えています。

入ってからはいかがでしたか?

事務職で募集されていたのですが、思っていた事務とは違いましたね。タナベ経営が開催しているセミナー事務局の仕事を担当しました。会場の選定や打ち合わせ、ゲスト講師との交渉やホテルの手配…。コンサルタントメンバーの動きを調整し、当日は受講されるお客様やゲストの対応をします。
また、大きな講演会の司会進行を担ったこともありました。実際、想像していたよりもさまざまな機会が多く、結局、半年ほどで正社員になりました。着実にスキルアップしている感覚があります。

藤井愛子写真

常に新しいものと向き合って仕事を進めていけるのも魅力

現在の仕事内容は?

セミナー運営に関連する業務をメインに、任される範囲が広がってきました。コンサルタントと一緒にお客様の会社へ同行し、社内教育のお手伝いをさせてもらうこともあります。語学留学も単純な思いで挑戦したため、ビジネスに活かすことは考えていませんでした。しかし、英語で書かれた会議資料を訳すお手伝いをするなど、ときおり役に立っていますね。

どんなところに魅力を感じますか?

タナベ経営は、様々なスクール・セミナーを展開しています。経営陣を対象にした「経営戦略セミナー」や幹部クラスを対象にした「幹部候補生スクール」、新入社員向けの「新入社員教育実践セミナー」などテーマもさまざまです。
同じテーマのセミナーであっても、お客様も違えば参加される方も毎回違うので、同じようにはいきません。常に変わるものと向き合って仕事を進めていける点が面白く、臨機応変さや判断力はついてきたと思います。

中四国支社について教えてください。

個性あふれるメンバーがおり、多くの刺激を受けています。また、お互いの性格がよくわかっているので、一人ひとりに合わせた対応ができるようになってきました。メンバー同士よく情報共有できているからこそ、お互いの仕事もサポートし合えて心強いです。

女性コンサルタントとして、新たな道を切り拓く

今後の展望は?

スキルアップしてチャンスがもらえるならコンサルタントに挑戦してみたいです。
タナベ経営に入社するまで、コンサルタントは激務というイメージでした。実際はテレビ会議で移動の時間を短くするなど、みんなメリハリをつけて働くよう努めています。これなら女性でもできるかな、と感じるようになりました。また、産休育休をとられた先輩のおかげで、結婚しても子どもができても働きやすい環境になっています。
これまで支社には女性コンサルタントがいませんでした。まだ拓かれていない道に挑戦できる面白さもあります。お客様の前で講義ができるようになれば、女性を対象にしたセミナーの可能性も広がりますし、皆さんのモデルになれるようなコンサルタントになりたいな、と思っています。

社長に直接提案できる会社

「こういうことをやってみたい」と提案すれば、実現するのが早い会社だと思います。社長と話す機会もあり、意見を直接言える機会があります。新しい提案をすれば検討してもらえる。チャンスがいくらでもあります。
タナベ経営には成果が出なければ「こうしたらいい」とアドバイスしてくれる先輩たちがいます。いつでも相談をすれば成長の手助けをしてもらえる環境が整っていますので、安心してください。伸びようと思っている人なら、どこまでも伸びていける会社ですよ。