胡田由紀写真

常識にとらわれず、新しい風を吹かせてくれる人に来てほしい

SPコンサルティング本部
コンサルティングサポート本部
課長

胡田 由紀

みんなで働きかけ、育児中の時短制度を小学校入学まで延長

転職したきっかけを教えてください。

短大を卒業後、メーカーで事務職を経験しました。2年が過ぎた頃、仕事にも慣れ、同じ事務職でももっと幅広い仕事がしたいと思うようになりタナベ経営へ転職しました。入社当時はノベルティを展開していない頃で、ブルーダイアリーの伝票処理や在庫管理、請求書発行などを担当していました。慣れない仕事に四苦八苦しましたが、あの頃から活気のある刺激的な会社でしたね。

現在に至るまでの経緯を教えてください。

入社して、1回目の育休を終えて復帰し、2014年に課長となりました。それまでも課のリーダー的ポジションではありましたが、課長になったことで会社の動向をいち早く知れるようになったので、より動きやすくなりました。
現在3人の子どもがいるので、これまでに3回、産休育休をとり、今も時短で働かせてもらっています。私が入社した頃、時短制度は「子どもが3歳になるまで」という制限がありました。それでは短い、とみんなで要望し、今では小学校へ入学するまでに延長されました。おかげで家庭と仕事の両立がさらにしやすくなったと思います。

胡田由紀写真

会社をより良くするための提案を常に求めている

現在の仕事内容は?

ブルーダイアリーに関わる業務統括をしています。業務の進め方も、私の入社当時は分業で行なわれておりました。私自身が産休や育休でお休みすることもあったのでみんなでフォローしあえる仕組みにしようと、一連の業務を一人ずつに任せる形に変えていきました。
現在は「コントロールタワーとなる総務」を目指して業務に取り組んでいます。事務は受け身のイメージが強いと思いますが、その殻を破って自ら発信し、営業を引っ張っていけるような仕事をしていけるよう意識しています。主軸は業務改善ですね。業務内容を単純化したりペーパーレス化したりして、数字に見える形で無駄を省けないかという取り組みを進めています。

どんなところに魅力を感じますか?

風通しがよく、誰でも発言しやすいのは、タナベ経営の魅力だと思います。社歴に関係なく言いたいことが言えますし、全社的に発信することを歓迎しています。会社をより良くするための提案を常に求めているので、若手の意見もどんどん取り入れ、きちんと評価してもらえます。
入社早々から業務の無駄を省くような発信を積極的に行ってきたのですが、自由に改善でき、その姿勢を買ってもらい、評価されるので、働きがいがありますよ。

仕事をするうえで、心がけていることは?

私自身、みんなに納得して仕事をしてもらえるよう、目配り気配りは意識しています。自分が手一杯のときに、詳しい説明のないまま指示だけされるのって嫌ですよね。忙しくなるとつい陥りがちですが、あとからでも必ず説明やフォローを入れるよう気をつけています。
少人数で業務を分担しているので、チームワークがとても大切。常にコミュニケーションを取りつつ、なるべく余裕をもって仕事に取り組み、メンバー同士助け合えるような体制にしています。

家事や育児とバランスをとりながら会社に貢献していきたい

今後の目標は?

もっと女性が仕事をしやすい仕組みづくりに貢献できたらなと思っています。今までに3回産休育休をとったのは私が初めてで、前例をつくったことで他部署の女性も仕事を続けやすくなったと言ってくれています。今後も体制としてもより良い方向に導ければ理想です。
女性たちから「ああいう働き方をしたい」と思ってもらえるような道しるべになりたいですし、周りから「一緒に仕事をしたい」と思われる歳の重ね方をしたいですね。私の軸足は、仕事ではなく家庭にある、ということを会社からも了承してもらったうえで、今の仕事を任せてもらっているので、バランスをとりながら会社に貢献していきたいです。

常識にとらわれず、新しい風を吹かせてくれる人に来てほしい

仕事を長く続けたい、スキルアップしたいと思っている女性には最適な職場ではないでしょうか。タナベ経営に身を置くことで、自分の世界を広げてもらえますし、社会と関わっている喜びも感じられます。
年齢を重ね、ずっと同じ会社で働いていると会社の常識やルールにとらわれてしまいがちなので、新しい風を吹かせてくれるような人に来てほしいですね。「こんな切り口もあるんだ!」という驚きを味わいたいです。これまでに得たものをタナベ経営で発信する人に出会えることを期待しています!