土井大輔写真

クライアントは、
取り組み姿勢に対して評価していると感じる

経営コンサルティング本部
大阪ドメインコンサルティング本部
本部長代理
戦略ロジスティクス研究会

土井 大輔

タナベ経営の環境自体が
自分を成長させてくれた

私は26歳の時に中途でタナベ経営に入社しました。前職に不満があったわけではないですが、成果主義・実践主義であることと、クライアントのパートナーとして長いお付き合いができることが理由でタナベ経営の門を叩きました。入社当初は能力開発部配属でセミナーの企画・運営を中心に担当しました。タナベ経営で働く最大の魅力は、毎年業務がステップアップするということです。例えばセミナーも準備だけでなく自分自身で営業し、当日の運営をしセミナー後には報告に訪問し、次の提案を行う。時には新しいセミナーを企画するなど「与えられた業務」をこなすのではなく自らの業務を自ら創ることができます。人は新しいことに取り組みやり遂げることで成長すると考えています。当時は何も考えずにがむしゃらでしたが、今振り返るとタナベ経営の環境自体が自分を成長させてくれたと実感しています。時には困難もありました。しかし「困難」は自分が経験したことが無い事と考えています。自分が一生懸命に取り組んでいると、自然と先輩や上司がフォローしてくれるものです。

土井大輔写真

社内での刺激、社外での刺激

タナベ経営での刺激は大きく2つあります。「社内での刺激」と「社外での刺激」です。1つ目の社内での刺激は毎年業務がステップアップするということ。常に新しい仕事にチャレンジすることができます。2つ目の社外での刺激はコンサルティング会社として見られている、ということです。勤続年数や年齢は関係なく、ビジネスドクターとしてクライアントに「見られている」という緊張感が常にあります。クライアントの状況は様々であり、形式だけの対応では価値がありません。コンサルタントの価値は判断を提供することであり、判断を提供するためには仮説と結果を合わせた経験が必要です。
タナベ経営では常に刺激を受けていますので、刺激を求めていない方には向いていないかも知れません。

チームでクライアントを支える

一緒に会社をつくっていきたい人は
1.仕事を選ばない・言い訳をしない人
2.与えられた仕事をよりよくするために提案する人
3.常に謙虚さと自信を持って周囲を盛り上げる人
一緒に会社をつくりたくない人は
1.決まった事に対して裏で陰口やできない理由を言ったり手を抜く人
2.自分が苦手なこと、直接関係無い事には無関心な人
3.周囲の協力に気付かず自分の力を過信し過ぎている人

これは「チームでクライアントを支える」タナベ経営にとって大変重要なことだと思っています。

クライアントは、取り組み姿勢に対して評価していると感じる

クライアントに紹介してもらえるコンサルタントになりたいです。
物販の営業の紹介とは違い、コンサルタントはクライアントから入手する情報も大変重要であり、時には経営者にとって苦言を呈することもあります。そのことをご存知の経営者が他経営者に紹介頂けるというのは最大の評価だと思います。
クライアントはコンサルタントを年齢や役職で判断することは無く、取組み姿勢に対して評価していると感じています。
常に自ら仕事をステップアップさせ、社内からもクライアントからも必要とされる人材になることが、コンサルタントとしても必要とされることに繋がると考えています。