住まいと暮らしビジネス成長戦略研究会 山本 剛史

研究活動について

当研究会では、ハウスビルダーやリフォーム・リノベーション工事業をはじめ、住設商社から不動産事業者まで、住まいと暮らしに関わる様々なビジネスを展開する優秀企業の現場を視察し、成長モデルを学んでいます。

「事業ライフサイクル20年」。事業は時代とともに変遷し、20年で大きな節目を迎えます。量の充足が完了した1970年代は「住まいの時代」。初の世帯数3人われが始まった1990年代は暮らし方が問われだした「住まいと暮らしの時代」。そして今、人口減や空き家増、65歳以上高齢者のいる世帯が4割を超える「社会課題解決時代」が到来しています。

「社会課題マーケット」と真正面から向き合い、新たなビジネスモデルを創ることを使命としてます。

研究活動の今後

タナベ経営では、地域倍増FCC戦略を掲げています。地域を活性化する為には、住まいと暮らし分野で事業を展開する企業が主役になるべきだと思っています。

「地域社会に貢献する」ことを社是や理念で掲げてる企業は多いと思います。では、具体的にどのように地域に貢献するのか?つまるところ、そこに住む人の暮らしの質をどうすれば上げることが出来、それに対してどのような貢献が出来るのか?を明確にする必要があります。

”木を見て森を見ず”ではないですが、”家を見て街を見ず”にならないように、地域全体の”暮らし価値”の向上に対してのアプローチを掘り下げたいと思います。

研究会を通じて得られた事

プロダクトアウト型の大量生産・大量消費の時代は終わり、個々のわがままなニーズに対応する「カスタマイズ」が大きなトレンドであると思います。

賃貸住宅も借り手が自由にリフォーム出来るサービスが始まっています。スターバックスのコーヒーもカスタムメイドで注文する時代です。「自分らしく暮らしたい」そのような層が確実に増えています。1人1人にカスタマイズした暮らし方を提供していくことが求めらています。

エンドユーザーに”らしさ”を求める以上、サービスを提供する側の企業にも”らしさ”が必要です。ライバルとの差別化が、はっきりと打ち出せているかが、より求めらえれていることを強く痛感しています。

研究会に求める人物像

住まいと暮らし分野では活躍できる場が無限にあります。1つは専門機能に特化したヒト。例えば、建物の工法・性能に詳しい現場マネジメント経験のある人、暮らし価値を高める為のマーケティング力に長けた人、地方の素晴らしい技術はあるが、顧客に伝えきれていない会社に対してのリ・ブランディングを提案できる人、時代にあった働き方のデザインが出来る人事のスペシャリスト等。そして2つ目は、既存の業種・業態の慣習や常識にとらわれず、新たなビジネスモデルの発想が出来る柔軟な思考力を持ったヒトです。

最後に、タナベ経営とともに成長できる覚悟のある人。我々は、クライアントにも変化と成長を促します。当然我々がそれらを拒むことは言行一致となりません。業界での専門スキル、柔軟な発想力、自ら成長する意思を持った人を強く求めています。

求職者へのメッセージ

「社会課題解決」は1つのマーケットです。

社会課題を解決しながら、企業をファースト・コール・カンパニーへと導く。この2つのミッションを同時に達成できるフィールドが当研究会にはあります。タナベ経営の理念である”企業繁栄に奉仕”しながら、課題先進国である日本の未来を創る一役を担えることに誇りと責任を感じてもらえると思います。住まいと暮らし業界での経験を活かし、さらなるステージでの活躍に挑戦してみませんか?ともに変化と成長を喜べるメンバーが加わってくれることを願っています。